【複数の財布】セミリタイアしたので思う存分人生を楽しみます!!!

2019年セミリタイア。FIRE・早期退職を目指す人たちを応援しています。問い合わせ先:ytake0412y@gmail.com

『定年後の自由時間は8万時間』実は、会社員40年間の総労働時間と同じ!!

定年後設計スクール体験学習会

 

はじめに

セミリタイアして2年。

コロナ禍で外出自粛、毎日の過ごし方を試行錯誤しています。

残りの人生、つまり生きている時間や旅に出かけられる回数などを考えていた時

ふと

定年後の人生の自由な時間が8万時間である事に気づきました。

しかも

定年まで会社勤めした時間も等しく8万時間です。

これからの8万時間、どう過ごすべきか?

f:id:fukusunosaifu:20210905092955p:plain



【もくじ】

  

人生後半の8万時間

ざっくりと計算してみます。

社会に出た年齢も、残業時間も人それぞれ。

それでも面白い数字がでます。

 

定年まで働く時間は8万時間

22才で大学を卒業し60才まで働くと定年まで38

60-22=38

1年間の土日祝日は平均120日なので働く日数は245

365-120=245

18時間、残業を毎日1時間とすると定年まで8万時間

9×245×38=83,7908万時間

 

定年後の自由時間も8万時間

睡眠時間を8時間、食事3回で3時間、お風呂などその他の時間を12時間とすると

1日のうち自由に使える残りの時間は11時間

24(8+3+2)=11時間

寿命については、男性の平均寿命は81.64才(女性は87.74才(2020年)です。

すると男性の残りの人生は21年

81.64-60≒21

つまり

定年後の自由時間は8万時間

11×365×21=84,3158万時間(女性は10万時間

 

定年まで会社で働いていた時間と

定年後セカンドステージを楽しむ時間は等しく8万時間

これまで会社で働いていた時間と同じくらいの時間を自由にできるという事です。

多い?

少ない?

この8万時間をどうす感じますか?

 

ちょっと脱線・・・

「コップの水理論」と言われるものがあります。

水が半分入っているコップがあるとします。

A. まだ半分も残っている

とみる人と

B. もう半分しか残っていない

必ず、この二つに思考は分かれます。

8万時間についても、同様に分かれます。

 

先ほどの「コップの水理論」を使うと

A. まだ半分も残っている

この思考は物事をポジティブに捉えている人です。

ネガティブなB思考「もう」でなく、ポジティブなA思考「まだ」であったほうが人生は上手くいくと言われています。

ちなみにドラッカーは

コップの中の水が「もう」から「まだ」に変わった時にイノベーションは生まれると語っているのは有名な話。

要は物事を前向きに捉える人ほど、事がうまく運ぶ。

人生楽しく過ごせるって事ですよね。

 

8万時間と言われてもピント来ない人もいるかと思います。

年に変換したらどうでしょう。

 

8万時間でピント来ないという人へ

定年後、睡眠や食事など最低限必要な時間を除いた、完全に自由に使える時間は

8万時間。

年に変換すると 8万時間≒9年間

定年後、完全フリーな時間は9年間と言えます。

 

結構時間があるように思えます。

でも、何か気になりませんか?

81才まで現在のように体が動くわけがないですからね。

 

健康寿命だと4万時間

先ほど説明したように

男性であれば81

女性であれば87

これが寿命ですが、これからもズッと体が自由に動くわけではないですよね。

小さい段差につまづいたり、足腰が弱くなったりするはずです。

 

そこで、健康寿命を知る必要があります。

f:id:fukusunosaifu:20210905090842p:plain

健康寿命は、男性は72女性は74才)

60才で定年を迎え自由を手に入れたとして、健康に過ごせるのは

定年からわずか12年間だけ。

定年後の自由な時間は8万時間≒9年間でした。

定年から12年間に限って自由時間を考えると5年間

9×12/21≒5年間

 

人生の後半の自由時間は8万時間(9年分と長いようですが

健康寿命を考慮すると、残りはわずか4万時間5年分

これが自由使える時間です。

 

 

おわりに

定年後の8万時間(9年分

健康寿命を考慮すると実際の残りは4万時間5年分

「コップの水理論」になりますが

現実を知り、これからを有意義に過ごそうと考える力

それが大切なんですね。

 

54才で自由を手にし、他の方より6年分多くのボーナスをもらう事ができました。

しかし

この2年間はコロナの影響で、飛行機や電車やバスを使った旅はできていません。

今は唯一、「ぼっちキャンプ」でストレスを発散しています。

www.fukusunosaifu.com

命は有限

あえて人生の残り時間を知る事で、これからの生き方を真剣に考える事ができると思います。

50才過ぎにこれからの自分の人生を考えた時

60才になる私が背広を着ている姿

それは思い描くことはできませんでした。

”短パンにTシャツの自分”がそこにはいました。

今、そのような恰好で毎日を過ごしています。

あの頃の自分の思い、本気だったんだと改めて思います。

 

投資家がこぞって無料会員登録
ここでしか手に入らない激熱物件多数掲載
土地付き太陽光発電の投資物件検索サイト

 

励みになります


セミリタイアランキング