【複数の財布】セミリタイアしたので思う存分人生を楽しみます!!!

2019年セミリタイア。FIRE・早期退職を目指す人たちを応援しています。問い合わせ先:ytake0412y@gmail.com

『ぼっちキャンプ』(千葉県):君津市「亀山湖オートキャンプ場」2500円・「オレンジ村オートキャンプ場」3500円

 

はじめに

8月下旬、2回目のワクチン接種が終了しました。

二日目に微熱と倦怠感で終日横になって過ごし、3日目に無事生還。

その祝いにソロキャンプです。

千葉県で『ぼっちキャンプ

1人時間でリフレッシュするため、今回は山と海沿い

週末のキャンプ場は混みますので、平日の晴れの日を選びました。

セミリタイアの強み、時間は自由に選べます!

f:id:fukusunosaifu:20210610081142p:plain


 今回は宿泊したキャンプ場は

・千葉県君津市 亀山湖オートキャンプ

・千葉県南房総市 オレンジ村オートキャンプ場

 

わかり易いように、マップにしました。

f:id:fukusunosaifu:20210902084403p:plain


【もくじ】

亀山湖オートキャンプ

8月30日

さいたま市からは首都高、京葉自動車道を経由して2時間半くらい。

月曜日にしては高速道路の渋滞が少なく、予定通りに到着できました。

キャンプ場近くになると細い山道を川沿いに走るので、本当にキャンプ場があるのか不安を覚えます。

着いて良かった!

 

「キャンプ場案内」web☟

アクセス | 亀山湖オートキャンプ場

 

テント設営完了

f:id:fukusunosaifu:20210902085135j:plain
f:id:fukusunosaifu:20210902085131j:plain

受付でキャンプ代を支払うと、おすすめのサイトを教えてもらいました。
受付がある上のサイトは芝生の公園で、下のサイトは木立で木陰ができるサイト。

下のサイトがおすすめでした。

タープは不要なので、10分ほどで設営完了!

このあと、2組のソロキャンパーと老夫婦の1組がキャンプ場に来ました。

広いサイトなので、ラジオつけても迷惑にはならない距離が保てます。

 

お昼の定番「ラーメン」

f:id:fukusunosaifu:20210902090035j:plain

キャンプの趣向は、人それぞれ。
現在の私、何もしない時間が多いほどうれしいので、食事の準備に時間を費やす事はしません。

キャンプの昼食はビールで乾杯し、ラーメン(そのまま使える野菜入り)で済ませます。

(受付でビールを1缶、プレゼント)

夕飯はと言うと、だいたいこんな感じ☟

f:id:fukusunosaifu:20210902085130j:plain

焼肉と野菜とおつまみ(写真以外のおつまみも数種)。

焚き火をしながら、チビチビお酒を頂き、自然を満喫するスタイルです。

 

アマゾンで購入したタープ👇 

  

トイレはイマイチ??

f:id:fukusunosaifu:20210902085117j:plain
f:id:fukusunosaifu:20210902085148j:plain

キャンプ場を選ぶ時、一番気になるのはトイレ事情。

トイレは男女別で水洗でしたが、残念ながら清掃が行き届いていません。

シャワー室も綺麗ではなく、使いましたが抵抗感がありました。

 

キャンプ場情報

キャンプ代:1泊 2500円

予約:予約(電話)

チェックイン:13時、サイトは早い者順

(12時過ぎに到着し、すぐチェックインできました)

買い物キャンプ場近辺にスーパーやコンビニなし。

その他:薪500円

シャワー:温水(無料

トイレ:水洗

ごみ:捨てられます

窓口の対応:スタッフ対応は非常によいです。

(管理棟は夜不在)

Wifi:なし

 

今回の費用は

キャンプ場代 2500円

飲食代 3000円

合計 5500円

 

「ぼっちキャンプ」する人に向いたキャンプ場。

トイレを気にする人には向いていません。

 星☆2つ 

 

オレンジ村オートキャンプ場

8月31日

「亀山湖オートキャンプ場」から車で約1時間半で目的の「オレンジ村オートキャンプ場」に到着。

このキャンプ場は朝9時にはチェックインできます。 

 
「キャンプ場案内」web☟

南房総千倉 オレンジ村オートキャンプ場&千倉オレンジセンター

 

テント設営完了

f:id:fukusunosaifu:20210902085210j:plain

サイトは”第1キャンプ場”と”第2キャンプ場”と分かれています。

おすすめは”第1キャンプ場”

写真でわかりますが、木立の中で騒音もなく、遠目に房総沖の船を眺める事もできます。

9時過ぎには一組チェックインしていました。

2番目の私も希望のサイトを手に入れる事ができました。

もっと「ぼっちキャンプ」を楽しみたい人(ヒロシの「ぼっちキャンプ」希望者)は山側にある”第2キャンプ場”か”第1キャンプ場”の奥の広いサイトが良いでしょう。

 

今回もファイヤースターターで火起こし👇

 

ここでの夕飯も焼肉? 

f:id:fukusunosaifu:20210902085157j:plain
f:id:fukusunosaifu:20210902085207j:plain

2日目の夕飯は、やはり時間をかけません。

むきエビとサラダ(調理済み)、そしてご当地のチューハイです。

味付けはやはり、”黄金の焼肉のたれ”。

昨夜と同じ味付け、二晩が限界ですね。

次回は何か考えないと。

毎回焼肉のたれ味、飽きました。

 

トイレはまあまあ! 

f:id:fukusunosaifu:20210902092239j:plain

水洗トイレ です、多分もとは和式ですよね。

綺麗にされていて、それぞれのサイトに2つくらいあります。

 

キャンプ場情報

キャンプ代:1泊 3500円

予約:電話

チェックイン:9時(早い者順)

窓口の対応:スタッフ対応良いです

買い物:10分くらいの近隣にスーパーあり。

シャワー:温水で無料、薪も無料(キャンプ代に含まれいます)

トイレ:水洗トイレできれい。

Wifi:なし

ごみ:捨てられます

サイト:”第1キャンプ場”の眺望は抜群

 

今回の費用は

キャンプ場代 3500円

飲食代 2500円

合計 6000円

 

口コミの評判通り、自然を満喫できるキャンプ場でした。

 星☆4つ

 

《早い者勝ち》太陽光発電物件
土地付き太陽光発電の投資物件検索サイト
ココでしか手に入らない物件多数掲載中!

 

はげみになります


セミリタイアランキング