【複数の財布】セミリタイアしたので思う存分人生を楽しみます!!!

2019年セミリタイア。FIRE・早期退職を目指す人たちを応援しています。問い合わせ先:ytake0412y@gmail.com

『アッパーマス層』4000万円を準備できれば、50才でも早期退職は可能ではないですかね?

 

はじめに

『富裕層』資産を1億円を持っているですね。

このグループになると早期退職は可能と言われています。

一方

資産が5000万円未満の『アッパーマス層』

このグループでは早期退職は難しいとも言われます。

『アッパーマス層』では早期退職はできないのでしょうか?

 

年収500万円の会社員をモデルに、資産4000万円『アッパーマス層』50才で早期退職できる方法をシミュレーションしてみました。

f:id:fukusunosaifu:20200724085851p:plain

【もくじ】

 

アッパーマス層とは?

お金持ちと言われる『富裕層』はよく知られていますね。

聞きなれませんが

資産が3000~5000万円未満の世帯は『アッパーマス層』と呼ばれています。

あと少しで、『準富裕層』に入れる人達ですね。

そのグループに入れる家庭は712万世帯ほど☟

f:id:fukusunosaifu:20210712060707p:plain

出典:野村総研

 

年収500万円の年金受給額

早期退職するなら、もらえる年金を知っておき必要があります。

平均的な年収500万円(配偶者あり)のサラリーマンが50才で早期退職した場合

年金の給付額はどれくらいでしょう。

毎月18万円

f:id:fukusunosaifu:20200724090406p:plain

 SMBCのHPから1分ほどでシミュレーションできます☟

年金シミュレーション : 三井住友銀行

 

富裕層とアッパーマス層を比較

ここから、全く同じ条件で

『富裕層』資産1億円

『アッパーマス層』資産4000万円

生涯の出費額についてシミュレーションしてみます。

 

条件は・・・

・年収が500万円配偶者あり50才で早期退職

・年金は65才から18万円

・退職後の生活費は年間300万円月25万円

・住宅ローン、学費、国民保険料と年金保険料は含まない

・寿命を95才

 

富裕層の場合

シミュレーションするまでもなく

1億円の資産があり、年間300万円の生活を送るのではあれば、お金に困りそうにないですね。

結果はこちら☟

f:id:fukusunosaifu:20210712090549p:plain

生涯、300万円の地味な生活を過ごすのであれば、総支出は7,020万円
つまり、2980万円は残ります。

ここでは

住宅ローンや子供の学費、国民健康保険料、年金保険料は含まれていません。

また

セミリタイア後に住宅を購入すると一気に資産がなくなるので、気をつけなければなりませんね。

 

アッパーマス層の場合(生活費月25万円)

『富裕層』の半分以下の資産しか持ち合わせない『アッパーマス層』が『富裕層』と同じ生活スタイルが可能にできるでしょうか?

『富裕層』のシミュレーションからわかるように、年金受給が開始される65才までの生活費だけでも4500万円かかります。

資産4000万円では既に足りません。

 

アッパーマス層(投資家になる) 

そこで・・・

レバレッジの考え方(投資家の思考)を取り入れます。

不動産投資により、この状況を改善させます。

将来へ明るい兆しが見えてきますよ。

f:id:fukusunosaifu:20210712090621p:plain

投資先として太陽光発電を選択しました。

太陽光発電の場合、私の経験では利回り10%は可能です。

3400万円の太陽光発電(利回り10%)に投資すると、管理料・保険・税金等を引いても300万円以上は手元に残ります。

65才から70才までの年金(水色)は貯蓄に回せます。

 

 <参考記事:2020年の発電量の結果です> www.fukusunosaifu.com

 

結果は、支出合計4420万円

残念ながら、

不動産を取り入れても資産4000万円に対し、総支出が4420万円ですので

420万円の赤字になってしまいます。

生活費を生涯にわたり、毎月25万円に固定すると厳しいですね。

もうひと工夫、生活スタイルを変える必要がありそうです。

 

 

アッパーマス層(生活費月18万円) 

ここで、生活スタイルを変える事を考えてみましょう。

上記のシミュレーションでは70才を過ぎても年間の生活費は300万円(25万円/月)のままです。

高齢になれば月に25万円も必要ないかもしれません。

18万円/月でも生活は可能ではないでしょうか

 

つまり・・・

70才からの生活費は年金18万円でまかない、7万円/月(持ち出し金)を失くすスリムな生活にしてみましょう。

 

アッパーマス層の場合(70才から生活費18万円)

高齢になった場合の生活費を見直すと、以下の結果になります。

f:id:fukusunosaifu:20210712090638p:plain

先ほど同様

65才から70才までの年金(水色)は貯蓄に回せます。

資産4000万円に対し総支出は2360万円

つまり、1680万円が残ります。

 

年間250万円(月20万円)の生活が可能な『アッパーマス層』の人でも

50才での早期退職は現実味がある事が理解できるのではないでしょうか。

 

さいごに

資産4000万円と言っても、作るのは簡単ではありません。

「新型コロナ」の影響で収益が落ち込み、大手企業の「リストラ」が始まっています。

・所有株式をバブル相場の今、売却する

・割増退職金や早期退職優遇制度を活用して資産を作る

などなど検討すれば

4000万円の資産を作る事は可能ではないでしょうか?

 

今回行ったシミュレーションでは

年収500万円の人が50才で早期退職する事は可能とわかりました。

お金に働いてもらう「投資家の思考」を持てれば、早期退職(セミリタイア)は実現できます。

   

《早い者勝ち》太陽光発電物件
土地付き太陽光発電の投資物件検索サイト
ココでしか手に入らない物件多数掲載中!

 

はげみになります

 
セミリタイアランキング