【複数の財布】セミリタイアしたので思う存分人生を楽しみます!!!

2019年セミリタイア。FIRE・早期退職を目指す人たちを応援しています。問い合わせ先:ytake0412y@gmail.com

不動産所得+株(譲渡所得)=還付金!利益が増えるほど、戻ってくるお金は多くなるんですね!!

まずはこれを見てください。

2月、知恵を絞り勝ち取った「還付金」です☟

f:id:fukusunosaifu:20210308085454p:plain

「令和2年度」の確定申告を行い、ようやく『還付金』の案内が届きました。

e-Tax申請したのが2月16日

『還付金』が振り込まれるまで3週間ほどかかったようです。

この12万円、有難いです。

 

「不動産投資」は税務上”赤字”

その分は

「株式投資」の利益から支払った”税金”が戻ってきたことになります。

税制上のメリットを活用すれば、サラリーマンでも『還付金』が戻ってきます。

f:id:fukusunosaifu:20210308091207p:plain

【きじ】

サラリーマン時代「給与所得」で還付金

不動産所得+給与所得=還付金

昨年まで

この式の”損益通算”により、普通の会社員一月分の『還付金』をもらっていました。

「不動産所得」ですが、早期退職する前に

・賃貸アパート

・太陽光発電

を購入しました。

それぞれメリットやデメリットがありますが、大きなメリットは

”個人事業者”となり”減価償却費”が発生する事です。

 

例えば、新車の軽自動車を200万円で買うとします。

・サラリーマン

200万円が財布から消えますね。

それで終わりです。

・個人事業者

200万円は資金から消えます、しかし

4年かけて毎年50万円を”減価償却費”として計上できます。

その分、利益が圧縮されますね。

 

同様に不動産でも計上できます。

賃貸アパート(木造)は22年

太陽光発電は17年

1700万円の太陽光発電を購入(投資)するとします。

1700万円は支払いますが

毎年100万円を17年間かけて”減価償却費”として計上でき、売電収入から差し引く事となり、税務上の利益は圧縮され少なくなります。

サラリーマンでも、この税制上の優遇制度は活用すれば

毎年『還付金』を頂くことができますね。

 

 

セミリタイア後「譲渡所得」で還付金

幸運にもセミリタイアできましたが、給与所得はゼロです。

そこで、他の方法を考えなければ『還付金』はありません。

 

セミリタイアした今年からは

不動産所得+株(譲渡所得)=還付金

この方法で還付金を得られる事が分かりました。

その結果、今回12万円を返してもらう事ができました。

 

という事は・・・

サラリーマン時代、”損益通算”を理解し申告さえしていればもっと『還付金』が戻ってきたかもしれません。 

<参照>  

www.fukusunosaifu.com

 

 株の利益アップ=『還付金』もアップ

開業し”個人事業者”となると、これまでのように会社は手助けしてくれません。

全て自分の責任です。

 

たぶん、税制上使える制度はもっとあるはずです。

探求はしていきますが、現在わかっている事は

株の配当金を増やしたり

株式投資(IPOや立会外分売など)で利益をさらに増やせば

来年以降の『還付金』はさらに増えると言う事ですよね。

 

不動産所得+株(譲渡所得)=還付金

毎年、家賃収入や売電収入を手にし

株式投資で利益を得ながら『還付金』がもらえる

首を傾げてしまいそうな方程式ですね。

 しかし

リスクを覚悟して投資している者に対して

正当な報酬だと私は思います。

 

投資家がこぞって無料登録→土地付き太陽光発電投資物件検索サイト【タイナビ発電所】  

 

賃貸アパート・太陽光発電の購入先で困っている方

私の購入した販売会社ならご詳細させていただきます。

 

はげみになります


太陽光発電ランキング