【複数の財布】セミリタイアできたら、まずは一息ついて!

2019年セミリタイア。FIRE・早期退職を目指す人たちを応援しています。問い合わせ先:ytake0412y@gmail.com

【低圧太陽光発電投資】祝い!「宮崎」の利回りは11%「千葉」は12月中旬で昨年の発電量超えを達成!!

 

 

はじめに

【低圧太陽光発電】投資を始めて3年目となります。

12月20日(日)

今年は12日を残して、2基の「太陽光発電所」は昨年(2019年)の年間発電量を超えてくれました。

利回り10%を超え、さらに12月初旬には発電量が昨年を上回った「宮崎」

12月中旬以降は天候が回復し、昨年の発電量を超えた「千葉」

 f:id:fukusunosaifu:20200906102256p:plain

 昨年(2019年)と今年の月別の比較も紹介します。

『太陽光発電投資』をお考えの方、参考にしていただけるとうれしいです。

 

<参考記事:2019年の発電量>

www.fukusunosaifu.com

 

 

【もくじ】

 

「宮崎」過去最高の発電量を記録更新中!

まず、今年も好調な「宮崎」の発電所から確認していきます。

・2019年と年間発電量を比較

f:id:fukusunosaifu:20201220104143p:plain

 宮崎の「太陽光発電所」は12月初旬には昨年(2019年)の年間発電量を超えています。

最終月は12日残して、利回り11%を達成しました。

(利回り=売電収入÷購入価格)

期待以上の収入、有難いです。

 

それでは

昨年と月別で比較してみましょう。

 

・2019年と月別発電量を比較

f:id:fukusunosaifu:20201220104211p:plain

12月は19日時点の発電量です。

毎年同様な発電を継続できる事がわかりますね。

2020年はついては、8月の発電量が突出しています。

そのおかげで年間の発電量は昨年(2019年)を簡単にクリアできたようです。

12月については2/3を経過していますので、予想発電量は昨年を大きく超え

3800kwh(緑マーカー)となりそうです。

ありがたいです。

 

それでは

2020年の予想発電量はどうでしょう

 

・2020年末の「予想発電量」

f:id:fukusunosaifu:20201220104657p:plain

今後の天気予報を見ると、晴れマークが多い印象。

このまま、良い感じで晴天の多い後半になりそうです。
2020年の「予想発電量」は下記のようになります。

f:id:fukusunosaifu:20201220104710p:plain

 利回り11%以上は確定しました。

 

  

「千葉」昨年の発電量に到達できました!

「宮崎」の太陽光発電所の発電量は昨年を大きく超えました。

「千葉」の太陽光発電もようやく、昨年に追いつきました。

・2019年と年間発電量を比較

f:id:fukusunosaifu:20201220104722p:plain

千葉の「太陽光発電所」は

12月19日、昨年(2019年)の年間発電量に到達しました。

最終月は12日残して、利回り8.9%を達成です。

(利回り=売電収入÷購入価格)

最低限の目標は達成できました。

 

それでは

昨年と月別で比較してみましょう。

・2019年と月別発電量を比較

f:id:fukusunosaifu:20201220104736p:plain

12月は19日時点の発電量です。

「千葉」の太陽光発電所についても、毎年同様に発電が継続できている事がわかりますね。

2020年はついては、1月と5月の発電量が少なく、その分を8月の発電で補った感じです。

「千葉」は4月と5月と8月の発電量が売電収入に大きく影響するようです。

今月の「千葉」ですが、前半は曇天続きでした。

12月については2/3を経過していますので、予想発電量は昨年に届かず

2800kwh(緑マーカー)止まりになりそうです。

 

それでは

2020年の予想発電量はどうでしょう。 

・2020年末の「予想発電量」 

f:id:fukusunosaifu:20201220104758p:plain

天気予報では晴れマークは多いですが、傘マークも見られます。

 今年の「予想発電量」はこのようになりそうです。

f:id:fukusunosaifu:20201220104808p:plain

 利回り9%はしっかり確保してほしいです。

  

九州の物件情報の多いサイト

 

 利回り9%で設定すると事業は成立します!

結論から話します。

利回りは9%

このように事前に見積もれば、事業として十分に可能だと考えます。

すなわち

2000万円の物件の場合、売電収入は180万円

今年(2020年)は例年と違い、台風の接近数が少ない年でした。

そのおかげで8月は大きな天候の崩れがなく、発電量が大きく伸びたようです。

そのため、昨年と今年を足して2で割った年間発電量が現実的な数字だと思います。

 

私の所有する2つの「太陽光発電所」で分かった事

千葉の「太陽光発電所」については、発電量が毎年ほぼ同じであることから

・販売会社のシミュレーションのミス

・下駄をはかせたシミュレーション

のいずれかだと思います。

残念ながら、ご紹介できる会社ではございません。

 

一方

宮崎の「太陽光発電所」は3年間、利回り10%以上を継続できており、非常に満足しています。

こちらの会社については、ご希望があればご紹介いたします。

 

《公式》タイナビ発電所はココ!土地付き太陽光発電の投資物件検索サイト

  

はげみになります。 


太陽光発電ランキング