【複数の財布】セミリタイアできたら、まずは一息ついて!

2019年セミリタイア。FIRE・早期退職を目指す人たちを応援しつつ、新たな収入源を目指すブログです。

「退職金」で投資デビュー、60才までに経験をつまないと証券会社のカモになります!

 

 

はじめに

株式投資や不動産投資など”投資”を行うには、ある程度まとまった余裕資金が必要となります。

サラリーマンの現役時代、教育費や住宅ローンで余裕資産がない人がほとんど。

老後資金2000万円の報道を見るたび投資の必要性はわかるけど、手元に資金がなくその一歩が踏み出せないのです。

60才となり「退職金」という大金が手に入ると、もっと増やそうと初めて投資に参入する人が多くいます。

ほとんどマネーリテラシーがないため、不動産や証券会社の説明をうのみにして退職金が失くしてしまう事になるのです。

対策はあります。

経験値マネーリテラシーを60才になる前に高める事です。

 

定年後、初めて株式や不動産に投資して資産を減らす事になったら

旅行どころか、老後の生活が成り立たなくなりますよ。

 

f:id:fukusunosaifu:20201004064937p:plain

 

【もくじ】 

 

最低限の「マネーリテラシー」は必要ですね!

定年後に「投資」をはじめると証券会社や銀行のカモになる!!

 

銀行で「退職金特別プラン金利7%」というものをよく見かけますよね。

商品は、投資信託と定期預金をセットで申し込みすると、定期預金に7%の金利が付くというもの。

よく見ると、”預金期間3か月”と小さく書かれているはずです。

年間でいくらになるかを見落としてはいけません。

さらに「投資信託」には「購入時手数料」「信託財産留保額」「運用管理費用」の3つの手数料があります。

「購入手数料」と「信託財産留保額」はそれぞれ1回だけですが、「運用管理費用」は「投資信託」を持っている期間は、毎日取られる手数料です。

株価が上がろうと下がろうと、証券会社はあなたから手数料を巻き上げる仕組みになっています。

こんなおいしい仕事はありません。

だから、「退職金特別プラン金利7%」で退職金をもらった人たちをターゲットにしているのです。

マネーリテラシーを60才までに身に着けておけば、これらの裏側が見えてきますので、簡単にカモにされる事は無くなります。

 

 (投資信託のからくりの記事です)

www.fukusunosaifu.com

 

まずは無料セミナーから始める!

老後資金を稼ぐために「ひなた発電所」を購入する人が増えていることを
ご存知ですか?詳しくはこちら

 

マネーリテラシーは何を学べば良いの?

マネーリテラシー(金融リテラシー)といっても経済学を学ぶという事ではありません。

金融に関する基礎知識を身に着ければ良いだけです。

経済と金融の関係性、お金の運用方法金融商品の種類と特徴

本やセミナー、インターネットで簡単に学べます。

経済新聞でもかなりの情報を得る事ができると思います。

 

 

例えば経済と金融の関係性

先日、アメリカのトランプ大統領が新型コロナに感染した報道がありました。

米国の大統領が病気⇒年齢を考えると重病になるかも⇒アメリカ経済に一時的に影響があるかもしれない

結果

当日のNYダウは動揺した投資が市場から資金を降ろし400ドル近く下がりましたね。

 

「経験値」を高める事はとても大事!

2019年であれば、株価が右肩上がりでした。

素人でも、インデックスファンドに投資していれば資産が増え、儲けることはできました。

一旦株式市場が下落局面を向かえると、私たちが株価の回復を神に祈ろうが下落していきます。

 

私は30代から株式投資を始めましたが、多くの失敗を体験しました。

投信信託や株価の下落を経験し、年収以上のお金を失くした事もありました。

その経験は活かされ、何とか40代後半に多額の利益も手にする事になります。

資産を減らしたくない、より安定した利益を得る方法を勉強していく中で、

不動産投資 (賃貸アパートと太陽光発電)に出会いました。

50才の目前でしたが、収入と費用など自分なりにシミュレーション(ベストシナリオ・ワーストシナリオ)を行い、成功できると確信しました。

それでも不測の事態など完全にリスクを失くし事はできません。

仮にダメなら定年まで会社員を続ければ良い

そのようなバックアッププランがあったからこそ、一歩目を踏み出す事が出来たのも事実です。

株式投資や不動産投資は、60代までに経験値を高めておく

これはとても重要です。

 

太陽光発電紹介の最大手サイト

投資家がこぞって無料登録→土地付き太陽光発電投資物件検索サイト【タイナビ発電所】  

 

退職前から株や不動産を勉強する

60才となり「退職金」を手に入れてから、株式投資や不動産投資にデビューする

と言うことは

投資を職業としている専門家(ディーラー)と同じ土俵で戦う事

情報量とその速度でディーラーが圧勝します。

入門したばかりの関取が横綱と相撲をするようなものだと思いますよ。

では

投資や不動産に投資しても絶対勝てない、成功しないのかというとそうではないです。

少額でよいので投資や不動産を実践しながら学び続け、どれくらい、利益の出し方やリスクを知っているかに尽きると思います。

定年前に勝てる方法を身に着けるのです。

 

50代であれば、定年までにまだ時間が残されています

 

 

 

はげみにしています

 
セミリタイアランキング