【複数の財布】セミリタイアできたら、まずは一息!

2019年セミリタイア。FIRE・早期退職を目指す人たちを応援しつつ、新たな収入源を目指すブログです。

サラリーマンこそ複数の収入源を2つ以上作るべき!ベーシックインカム導入で年金は廃止!!

 

はじめに

収入源をいくつ持っていますか?

毎月、25日の1回きり?

 

企業はアベノミクスの恩恵を受け、増収増益を続けています。

しかし

将来の景気減速にそなえ、給料の高い45才以上の社員を対象にリストラを行い、その数は毎年増えています。

そこへ

今年に入って”新型コロナ”が追い打ちをかけ、リストラの増加に加え倒産する会社も出てきました。

大企業だから安心、そんな時代でなくなってしまいましたね。

さらに

終身雇用制度は崩壊し、年齢と共に給料が右肩上がりになる時代でもなくなりました。

収入源を給料だけに頼って生活していくこと

それだけでとても大きなリスクとなっていると思いませんか?

 

そこで必要になってくるのが、複数の収入源

 

収入源を2以上持つこと

れが、これから生きていく上で経済的リスクを最小化できる方法です。

収入源を増やすことについて、いっしょに考えてみましょう。

 

【もくじ】

 

給料日が月に4

f:id:fukusunosaifu:20191023102332p:plain

現在、毎月の給料日は黄色マーカーで示した4回です。

・太陽光発電収入 2

・不動産(賃貸アパート) 1

・アフィリエイト収入 1

アフィリエイト収入については、諭吉さんが毎月お一人、財布に来られる程度。

上位2つで、生活費を賄う事ができるようになりました。

 昨年セミリタイアし、このようにブログで「セミリタイアする方法」や「心構え」などの情報を発信し、早期退職を考えている人たちを老婆心ながら応援しています。

  

収入源っていくつ必要?

f:id:fukusunosaifu:20200914092244p:plain

 

現在、定期的に口座に振り込まれる収入源を緑枠で表示しました。

水色は現在試験中のものや検討している収入源です。

そのほか

毎月が給料日でないものの銀行への資金参加IPOへも積極的に取り組んでいます。

IPOについては年間100万円以上を目標としています。

 

 

さて

その収入源ですが、いくつ必要でしょう?

コアになる収入源で給料に頼らず生活できれば良いわけですが、何がおきるかわからないのでが人生です。

そのための保険も必要ですよね。

そのため収入源は最低2つ以上、願わくば3つ以上必要だと考えます。

 

塚口直史さんの「コロナショック後を生き残る日本と世界のシナリオ」を読んでみて確信を持った事があります。

歴史上で成功した武将は

「プランB」であったり「オプションB」を持っていたようです。

計画通りに事が進まなかった場合に、次の手である「バックアッププラン」を最初から準備していたのです。

複数の収入源を持つこと

それは食いっぱぐれないためである当然なのですが、ゴールとなる目標の収入金額がありますよね。

そこまでの道程では収入源の1つが枯渇するかもしれません。

だから、常に「プランB」を準備する必要があるのです。

  

<参考記事>

www.fukusunosaifu.com

  

収入源が複数ある事のメリット

新型コロナにより旅行業界や音楽や娯楽などのエンターテインメント業界が倒産に直面しています。

収入源が一つ(給料だけ)のリスクについて、たぶん多くのサラリーマンがコロナ禍で感じている事だ思います。

 

収入源が複数ある事のメリット”とは何でしょう。

 

・経済的不安の減少

さきほど説明したように、最近では大手の会社が売り上げが順調でも体力のある中でリストラを行い、人員削減を強化しています。

特に45才以上が対象になりますが、そのため収入が途絶えた時、その他の収入源があれば、絶望から救われると思いませんか?

 

・年金受給年齢引上げ

これは避けらない問題です。

本来

定年まで懸命に働けば年金が受給され、悠々自適に生活できるはずでした。

既に我々は65才まで受給資格はありません。

働き方改革”では70才や75才の年金受給開始の議論が行われているように、年金受給は更に引き上げられ、「年金受給開始70」が現実となるでしょう。

その対策のためには、サラリーマンの現役時代に収入源を複数確保する必要があります。

 

 ・ベーシックインカムで年金廃止

最近、話題になっているのがベーシックインカムです。

そもそもポストコロナにおける生活困窮者を救うための方策でした。

今検討されているのは、全ての国民に毎月決まったお金を支給する案。

働くかどうかは関係なくお金が支給されます。

それだけならありがたいのですが。

そこには

生活保護、更に年金の廃止が隠されています。

年金が無くなる??

年金をあてにできないのは言うまでもありませんね。

(健康保険なども廃止し自費になる可能性もあるようです)

国民の理解が得られないので実現性は低いと思いますが、実施されれば年金は無くなりますね。

 

収入源を複数にする方法

冒頭で話したように、“25日だけが給料日”の収入源は生きていくうえでリスクが高すぎます。

サラリーマンが現実的に手に入れられる収入源はの主なものを取り上げます。

・不動産

・太陽光発電

・株の配当

・ソーシャルレンディング(クラウドファンディング)

・フリマアプリ(メルカリなど)

・ブログ

・暗号通貨

FX

・アンケートモニター

・You tube

 

FX

終日パソコンの画面と向き合う生活、円相場の上下変動で胃が痛くなる思いに耐えられない人は無理です。

私は興味すらありません。

 

アンケートモニター

金額は少ないものの、確実に次の収入源になるのではないでしょうか。

 

アンケートでおこづかい稼ぎ

 

You tube

私、チャレンジしました。

2本ほど作ったものの、動画撮影・編集などの労力を考えると自分には不向きだと判断し、見る側に変更しました。

オタク会計士chで、収益化までの目安を紹介されています。

登録者数1000人、4000時間以上なんですね。

興味ある方は参考にどうぞ

www.youtube.com

 

やはり・・・ 

 サラリーマンで一番多い収入源は

・不動産

・太陽光発電

そして

・株保有による配当

 

資産形成も考慮すると、安定して継続することレバレッジをかけられ自己資金以上に効果を生む出せる方法も考える必要があります。

 

最終的にはどれかを手に入れないと、安定した収入源にはなりません。

不動産への投資は、まずはメリットやデメリットを理解するために、本以外にセミナー参加をお勧めします。

理解できない事はその場で解決してください。

 

 

不動産は投資金額が大きく自分には不向きと思われる人は、不動産よりリスクが小さく、1万円からの投資が可能なソーシャルレンディングを検討されても良いと思います。

今、私が考えている次の収入源の1つです。

以前【ガイアの夜明け】で紹介されたクラウドファンディングはここでした。

 

簡単に始められるものには、アフィリエイトがあります。

数カ月で数十万の広告収入を得る方もまれにいるようです。

自分の興味や強みをネタに、ブログで収入源を目指すもありです。

  

おわりに

いつまでも収入源が給料1つでは安定した収入源にはなりません。

常に、新たな収入源を探す努力は必要ですよね。

サラリーマンを続けながら、

・すでに手に入れた収入源を太くしたり

・次の収入源を加えていく

そうすることが求められます。

目標とする金額は、現在のサラリーマン収入と同じ金額とすればよいでしょう。

そこまで到達しない場合でも、生活するに困らない収入が確保できた時

あなたはセミリタイアを選択する権利も持つ事ができます

 

投資家がこぞって無料会員登録
ここでしか手に入らない激熱物件多数掲載
土地付き太陽光発電の投資物件検索サイト

 

はげみになります

 
セミリタイアランキング