【複数の財布】セミリタイアできたら、まずは一息ついて!

2019年セミリタイア。FIRE・早期退職を目指す人たちを応援しつつ、新たな収入源を目指すブログです。

『投資用太陽光発電』送電線の優先的利用が決定!3度目の「化石賞」はいらない。

 

 はじめに

地球温暖化の取り組みとして、世界ではCO2排出を抑制するため化石燃料を使わないエネルギーへ転換を進めていますね。

2019年末、マドリードでCOP25が開催されました。

その会議では石炭火力発電への依存を強める日本に対し、化石賞(温暖化対策に消極的な国の証)が与えられた事は記憶に新しいと思います。 

f:id:fukusunosaifu:20190428111843p:plain

 

経済産業省はようやく

・石炭火力発電所の廃止

・再生可能エネルギーの送電線利用の優先

この2つの方針を決定しました

www.asahi.com

【もくじ】

 

エネルギ―活用はどう変わる?

・原発の停止

現在、国内にある稼働可能な原発は9基。

そのうち4基は”テロ対策施設の設置未完成”のため、停止もしくは停止が予定されています。

その結果、代替エネルギー源が必要になります。

 

10年前の”東日本大震災”であれだけ甚大な被害を受けても、未だに原発依存の姿勢を変えようとしない政治家たち、信じがたい状況ですね。

個人的には、このまま原発は廃止した方が良いと思っています。

 

・旧式の石炭火力発電所の休廃止

エネルギー発電効率の低い「石炭火力発電所」の休止・停止を国は促す事を決定しました。

北海道電力は6/7基、中国電力は5/6基が該当するなど経営的ダメージは大きいです。

そのため、電力会社からの反発はあるでしょう。

地球温暖化や世界のエネルギー転換の潮流を受け、各電力会社は液化天然ガス再生可能エネルギーなど他のエネルギーへ転換すべき時です。

 

これからは

太陽光発電の建設が一段とギアアップされ、多くなりそうです。

20年後の買取価格へも良い影響があるかも知れません。

 

老後資金を稼ぐために「ひなた発電所」を購入する人が増えていることを
ご存知ですか?詳しくはこちら

 

送電線は再エネ優先になります!

石炭火力発電の廃止に加え、再生可能エネルギーで作った電気が優先して使われるように、送電線の利用ルールを見直しが決定してしました。

これまでは・・・

先に作られた発電設備(旧式の発電所)が優先される仕組みになっていました。

そのため、送電線の容量がマックスになると火力発電所が優先され、再生可能エネルギーは送電線に流せず出力を制限(出力抑制)されていました。

これからは・・・

市場価格が安い順に電気を流せる仕組みに変更されます。

つまり、

再生可能エネルギーが断然有利になる事が決定

政策を変えた狙いですが

・火力発電所を減らしたい

再生可能エネルギーの利用比率を2030年までに24%にする(現在17%)

思惑が政府にはあります。

 

いずれにしても

太陽光発電エネルギーが優先され、有効活用される事は喜ばしいことですね。

九州で稼働中の『太陽光発電所』は電力需要の少ない春先は、月に数回出力抑制を

受けていました(損失は保険で回収)。

その間、作り出せれたクリーンなエネルギーは使われる事なく捨てられていたわけですから、この上なくもったいない事をしています。

 

この国も環境問題に取り組み気になってきたのかもしれません。

少しだけ前進です。

 

《早い者勝ち》太陽光発電物件
土地付き太陽光発電の投資物件検索サイト
ココでしか手に入らない物件多数掲載中!
 

 

九州や関東で「低圧太陽光発電」を検討されている方へ

私の購入した会社(信頼できます)であればご紹介可能です。

 

はげみになります


セミリタイアランキング