【複数の財布】セミリタイアして一息つきましょう!

2019年セミリタイア。FIRE・早期退職を目指す人たちを応援しつつ、新たな収入源を目指すブログです。

早期退職したい!2800万円、そのお金がその夢叶えますよ!

太陽光投資のスマエネ

 

はじめに

毎日は働きたくない!

自分の時間が欲しい!

一人旅がしたい!

 

現在、50kwの太陽光発電を2基所有しています。

会社員を卒業(早期退職)するために不労所得を得る事が目的でした。

実際に2年間稼働し、当初の想定よりキャッシュがずいぶん多く残る事が分かりました。

私の太陽光発電から見積もると2800万円あれば、早期退職(セミリタイア)を選択できるとわかりました。

ご紹介します。

f:id:fukusunosaifu:20181124120257p:plain

 

 【記事の内容】

 

2018年、太陽光発電の販売実績No.1の会社

 老後資金を稼ぐために「ひなた発電所」を購入する人が増えていることを
ご存知ですか?詳しくはこちら

 

セミリタイアができるのか?

結論から言うと

可能です!

具体的には低圧太陽光発電を2基所有すれば、リタイアの時期を判断できるようです。

必要な生活費は各自違いますが、

毎月20万円(年間240万円)くらいで十分な方は非常に現実味があります。

 

下記をクリアする事にご注意ください。

太陽光発電購入後

・半年は実際の売電とシミュレーションを比較する事

・保険(盗難や自然災害、休業補償)に加入する事

  

太陽光発電の魅力とは何か?

この記事を読まれている方は、多くの関連情報を既にお持ちの方と思います。

・安定収入(20年間の価格買取制度:FIT)

・空室リスクゼロ(晴れの場合)

・インカムゲイン

 

インカムゲイン”、これは不動産(一棟アパート)を所有している経験から実感しています。

同額を投資した場合、真のキャッシュフロー(税金等を支払い手元に残るお金)は断然太陽光発電が多いです。

インカムゲイン”については記事でも紹介していますので、詳細はそちらを拝見ください。 

fukusunosaifu.hatenablog.com

一度 FIT承認され、サイトで紹介されている物件は、2021年以降にFITからFIPに移行したとしても、20年間は売電価格は変わりません。

 

最大手のタイナビではFIT32円の物件も紹介されています。

《早い者勝ち》太陽光発電物件
土地付き太陽光発電の投資物件検索サイト
ココでしか手に入らない物件多数掲載中!

 

早期退職には2800万円

先ほどふれましたが、早期退職は”可能”です。

利回り10%の2000万円の物件であれば、

毎年200万円の収入が期待できます。

運用してみると、この条件であれば170万円の真のキャッシュが期待できます。

  

年間240万円を手に入れるためには、どれくらいの資金が必要なのか?

生活費月20万円(年間240万円)を考えてみましょう。

2000万円では足りませんね。

実際に稼働している、私の太陽発電所で自己資金CFの関係をシミュレーションしてみました。

机上の空論でなく、実物で計算すると2800万円だとわかります。

 

参考:「太陽光発電のCF」を見てもらうと分かりやすいです。

www.fukusunosaifu.com

 

退職金と貯金で2800万円を準備できれば

2800万円の太陽光発電を1基購入

・融資を活用し2000万円の太陽光発電2基購入

のいずれかで年間240万円を不労所得を手に入れる事が可能になります。

リスク軽減のため、2基を別々の地域で所有する事が良いと考えます。

 

太陽光発電で生活のための収入源を確保できました。

自由な時間を使って

・旅行

・事業の計画

などの時間に充てられますね。

 

投資家がこぞって無料登録→土地付き太陽光発電投資物件検索サイト【タイナビ発電所】  

 

融資(ローン) を受ける場合、次の3つの方法があります。

・日本政策金融公庫

・銀行(都市・地方)

・信販

「日本政策金融公庫」が一番金利が低く、「信販」が一番金利が高くなります。 

融資条件は逆に「日本政策金融公庫」が一番厳しくなります。

「日本政策金融公庫」には、新規事業の補助として

「女性、若者/シニア起業家支援資金制度」があります。

女性、もしくは男性35歳未満55歳以上であれば、この融資制度を活用できます。

是非活用ください。 

  

20年後に向けた戦略

2800万円で早期退職が現実化できます。

仮に55才であれば、75才までは240万円前後のキャッシュが期待できます。 

人生100才時代と言われていますね。

75才からの25年間を過ごすお金が必要ですよね。

 

どんな方法があるでしょう?

地方へ移住し、年間240万円を質素化して年間100万円くらいで生活すれば、完全リタイアできるかもしれません。

 

それ以外についてはどのような方法があるでしょう。

・65才からの年金

まず、年金は人生が終わるまでもらえます。

予定の年金給付額は「ねんきん定期便」で確認できます。

65才以降の「年金」が年間200万円としましょう。

毎年太陽光発電収入から40万円使うと、65才から75才までの太陽光発電収入2000万円(200万円×10年)を貯金し、76才以降で使えます。

完全リタイアが可能ですね。

 

・アルバイトや再就職

とは言え、多くの人はセミリタイア(時々働く、収入を得る)の選択になるでしょう。

「ねんきん定期便」から75才以降の不足資金がわかりますよね。

55才であれば、体は十分に動きます。

不足分を補う方法には、早期退職後

・週2~3回働いたり、季節のアルバイトで75才以降の不足分を貯蓄する

・転職して数年で不足分を作る

これらが一般的です。

 

・事業を立ち上げる

時間がたっぷりあります。

まずは、無料でネットビジネスを立ち上げる事もできますね。

 

アフィリエイト収入を狙うもありです。

A8広告を活用すると、時々ですがこんな風に収入が発生しています。

f:id:fukusunosaifu:20191218131050p:plain

 

 A8登録はこちらから簡単にできます。

 

  

おわりに

天気さえよければ確実に稼いでくれる太陽光発電は魅力的です。

2800万円で早期退職が買える事がわかりました。

ダラダラと会社と自宅を往復する生活をしたくなければ、何かに取り組んでみる

そうすると、自由になれる扉が見えてきますよ。

 

1億円を貯めるより、

収入源を手に入れる事、会社員をセミリタイアできる近道でした!

 

【関連記事】1年間稼働した収益についての記事です 

www.fukusunosaifu.com   

 

九州や関東で投資を検討されている方へ

私の購入した信頼できる販売会社ならご紹介いたします。

 

 はげみになります


太陽光発電ランキング