【複数の財布】セミリタイアできたら、まずは一息!

2019年セミリタイア。FIRE・早期退職を目指す人たちを応援しつつ、新たな収入源を目指すブログです。

40代で早期退職するために【準備しておきたい事】をお話ししますね!

f:id:fukusunosaifu:20190127112524p:plain

 

 はじめに

40才頃となり、そろそろ残りのサラリーマン人生を、真剣に考え始めている方もいらっしゃるでしょう。

働く事が当たり前と思っていたけど、報われなかったり、評価されない努力がある事に、ある日気づきましたね。

 

そろそろ、早期退職したいけど私にはできないとあきらめてしまっては、

これまでと同じ。

政府の狙い通り、

70才まで働かされ、たっぷり税金をしぼりとられる人生があるだけです。

 

【もくじ】

 

まずは「見える化」

500万円や1000万円の預金だけで、40代で早期退職した記事を見たりします。

 

早期退職した私から現実的な話をします。

配偶者と2名だとすると

国民健康保険料」と国民年金保険料だけでも年間約80万円の準備は必要です。

国民健康保険料は収入で変わりますので、2年ほど経過したらインパクトは少なくなります。

国民年金保険料は毎月1人あたり約16,000円(二人で3.2万円)です。

毎年高くはなりますが、60才まで減る事はありません。

 

この2つ以外に、

個人で加入している生命保険、住宅ローン、自動車のローンなどの支払いがありますよね。

子どもの教育費などもあります。

全てを「見える化」して、毎年どれくらいのお金をいつまで支払うのかを把握する事から始めると良いです。

お金の心配は別として、漠然とした不安は除かれますし、お金を直視できます。

 

40代で「早期退職」を考えている人はこんな本も読んでいるようです↓

40代で早期退職してセミリタイアとお金について考えた

 

気持ちの準備

今、1億円を手にしたらどうしますか?

家のローンの支払いや、子供の学費、海外旅行が浮かんだと思います。

 

宝くじで1億円が当選された人が、2,3年で全てを使い果たした話を聞いた事がありませんか。

なぜ

1億円という大金が、あっという間になくなると思いますか?

 

こういう名言があります。

成功とは、 周到な準備とチャンスが出会ったときのみ起きる!

 

これが答えですね。

お金持ちの心構えができていない人に1億円を渡しても、効果的な使い方や生かし方を知らないために、ただ浪費してしまうのです。

先ほどの質問に「住宅ローンの支払い」と答えた人は、住宅ローン融資の金利が

外貨預金の金利

株式投資による配当利回り

不動産へ投資した時の利回り

よりも高いととっさに判断されたのでしょうか?

1例です。

実質利回り5%の不動産に投資できれば、年間500万円が手元に残りますよね。

そのお金で住宅ローン(1%前後)を支払えますし、残りは生活費として使えるため早期退職も可能ではないですか?

 

少し乱暴な例えでしたが、

・より金利が高くキャッシュを生み出す方法がある事

・ストックからのお金(定期的な収入)を使う発想を持つ事

これらを理解できれば、40代で早期退職する事も可能です。

 

ここに、お金持ちの「思考」や「習慣」を調査して簡単にまとめた記事があります。

参考になるかと思います。

 

 <参考記事>

www.fukusunosaifu.com

  

webで無料セミナー

 

40代で早期退職できる人って?

40代でサラリーマンを早期退職できる人はどんな人たちでしょう

・資金や貯金に余裕のある“資産家”

・副業が軌道に乗った“事業家”

これだけ?

 

自分の現在の知識で安易に判断しない事は大切です。

なぜなら

知っている範囲のその外にある、真の情報を手にする事ができなくなるためです。

人生の成功者の多くは、常識を疑います。

そして、自分の手で調べてみると事実が見つかります。

 

セミリタイアしたい人や成功した人達のブログがある事をご存じですか?

情報収集の準備のつもりで時々読んでも、ヒントがいっぱいあると思います。

ウンチクで話す評論家でなく、早期退職を実践し成功された方の話に耳を傾けると、成功者のマインドと同調され、早期退職を成功したイメージが、より身近に感じられるはずです。

 

<参考記事>セミリタイア成功者のブログのレビュー結果です

www.fukusunosaifu.com

 

 

 

生活費の準備

冒頭でお金の「見える化」の話をしました。

生活費はどれくらい必要なんでしょうか?

平均金額ですが、夫婦2人で毎月必要な費用は最低約20万円です

ざっくりとですが、次のように言われています。

・50才は8,000万円

・40才は1億円

・30歳は1億2,000万円

 

40才であれば1億円は準備しないといけないようです。

現在の貯金や所有する有価証券に”退職金”をあわせても、1億円に達する人はほとんどいないでしょう。

 40代であれば、”早期退職者優遇退職金”が上積みされるかもしれませんが、それでもハードルは高いのではないでしょうか?

 

「準備しておきたい事」の一つは、

早期退職した際の資産(退職金や預金など)を細かく把握する事です。

生活費についてはざっくりと見積もっておきましょう。

生活費は年齢を重ねるごとに少なくて十分だと思います。

また、車の買換え・子どもの結婚式なども見積もっておくべきですよね。

 

不労所得の準備はできている?

40代で早期退職を成功するための基本的な順番は、

自己資金の準備

②資産運用(副収入)

③不労所得の購入

です。

  

仮に1億円があったとしましょう。

生活費、全てのローン、年金や健康保険料の支払いを入れて、年間500万円で可能だとします(結構厳しいと思いますが)。

40才から何年間使えるでしょう?

1億円 ÷ 500万円 = 20年間

20年後(60才)で資産は”0円”となってしまします。

頼みの年金は65才まで給付されません。

(たぶん、その頃は70才以上の給付になっていると推測します)

どうですか?

 

早期退職を成功された多くの人たちが気づいたことは、

早期退職には、”不労所得”は不可欠

という事実です。

 

転売せどり”や”ブログアフィリエイト収入”などで副収入を築かれている方もいますが、

・配当収入(株式投資)

・クラウドファンディング(新規事業への投資)

・家賃収入(アパートなど投資)

・売電収入(太陽光発電の投資)

 でストック収入を確保し、その収益を生活費にあてている方が多い事に気づきます。

 

 

私は40代後半になり、ようやくストック収入に気付き、賃貸アパート”や“太陽光発電を購入し、

毎月数十万円の不労所得を得ることができるようになりました。

そのため、早期退職が可能となりました。

 

《関連記事》実際の売電収入を公開しています。 

www.fukusunosaifu.com

 

おわりに

 40代の早期退職のために

自分で限界を作らず、外の世界に目を向ける事!

とくかく動きだす事!

 

サラリーマン時代に体験してみて

不労所得として、手間のかからない”不動産”や”太陽光発電”は会社員には非常に適していると思います。

 

《早い者勝ち》太陽光発電物件
土地付き太陽光発電の投資物件検索サイト
ココでしか手に入らない物件多数掲載中!
 

 

アパートや太陽光発電で物件が見つからない方へ

私の購入した信頼できる会社であればご紹介できます。

 

励みになります。


セミリタイアランキング