【複数の財布】55才のセミリタイア

2019年4月、不労所得(太陽光発電と一棟アパート)を手に入れセミリタイアできました。その他事業(IPO・株式・配当・銀行出資・クラウドファンディング・アフィリエイト等)を展開し、その経験をシェアできるブログになる事を期待しています。

【太陽光発電投資】2019年11月の発電比較、宮崎101%>千葉95%となりました

f:id:fukusunosaifu:20191102063954p:plain

 

産業用の太陽光発電投資を、真剣に検討される方の判断材料になるよう、情報を発信しています。

 

現在、

千葉県宮崎県で2基の太陽光発電を稼働させています。

関東周辺として「千葉

日照時間が一番長いと言われている宮崎

どちらが太陽光発電の投資に適した立地条件なのか、ブログで紹介しています。

 

2019年11月の発電量、どちらが多かったでしょう。

結果から話しますと、11月は宮崎>千葉となりました。

でも、理由がありました。 

  

2018年、対シミュレーション95%を達成!

2019年4月、太陽光発電の収益結果を確認し、サラリーマンを卒業できました。

www.fukusunosaifu.com 

【記事の内容】

 

11月の発電量実績

 11月は21日までは概ね晴れが続いていたのですが、22日からの8日間、

雨か曇りがちでお日様は顔をだしませんでしたね。

月の前半が好調だっただけに、結果が気になります。

 

実績(2019年11月30日現在)

<宮崎:4,083kWh> 

発電量:対前年比 101%

f:id:fukusunosaifu:20191202133214p:plain

宮崎の太陽光発電は、昨年同月と同等となりました。

後半1週間以上の天候不良が無ければ、満足できる結果になったようです。

 

今月(12月)、昨年並みの発電量であれば

年間では目標以上の結果が期待できそうです

 

一番の稼ぎ時、7月と8月に晴れの日が例年より少なく(グラフでも、7月8月の落ち込みが明白ですね)、年間では昨年に届かないと覚悟していたため、12月の発電量が楽しみです。

  

 <千葉:3385kWh> 

発電量:対前年比 95%

f:id:fukusunosaifu:20191202134120p:plain

千葉の太陽光発電は、昨年同月にわずかに届きませんでした。

宮崎と同様、月後半の悪天候が無ければ昨年を軽く超えたと思います。

 

年間で発電量をみてみると、宮崎は目標越えが期待できる一方、

千葉の太陽光発電は、今月(12月)、昨年同様に発電できたとしても、目標の90%止まりとなりそうです。

記事で紹介しましたが、5系統中2系統のケーブルで漏電があった事が原因です。

www.fukusunosaifu.com

11月末にケーブル交換を行い、現在は回復(正常化)が確認できました。

2系統の発電量が70%以下のパフォーマンスで1年以上稼働していました。

太陽光発電事業者として、

業務委託会社が常にモニタリングを適切にしてくれるものと過信した結果で、数十万円の機会損失となりました。

しっかり反省しなければなりませんが、

この時点で不具合が発見でき、被害を止められたと気持ちを切り替え、

12月からは、太陽光発電に思う存分発電してもらいたいと思います。

 

残り1か月となりました。

千葉の発電所はパフォーマンス100%に戻りました。

ここから、少しでも前年に近づく事を期待します。

  

2つの地域を比較すると・・・

7月は宮崎8月は千葉、9月は宮崎10月は宮崎、

そして、11月も宮崎軍配が上がりました。

千葉ではケーブルの故障があったため、12月に本当の比較結果が出来そうです。

 

千葉の太陽光発電は、

10月は「台風直撃」や「線状降水(せんじょうこうすいたい)」の影響で大雨、そしてケーブルの漏電など、夏以降苦戦しています。

天気予報を見ると、

今月の月はじめ1週間は、おおむね晴れの日が続くと気象台より発表がありましたね。

1日でも晴天の多い月になる事を期待します。

応援しています千葉!(宮崎もがんばれ!)

 

太陽光発電の無料一括見積もりで最大100万円安く設置するなら【グリエネ】

 

1年間の推定収入額

 2基の太陽光発電所の規模を紹介します。

千葉の太陽光発電が、パネル40枚分大きいです。

<売電単価>

千葉も宮崎 36円(税込39.6円)

<設置容量>

千葉 55kw 宮崎 41kw

<パネル枚数>

千葉 200枚 宮崎 156枚

<年間予想発電量>

千葉 68,332kwh 

宮崎 53,044kwh

<年間売電収入見込み>

千葉 257万円 

宮崎 206万円

 

利回り13%、2020年1月連系が出た!

f:id:fukusunosaifu:20191202141530p:plain

利回り13%を超える太陽光発電が現在3件紹介されています。

その中で、連系が2020年1月の物件がありましたので紹介します。

(既に建設に入っていると思われ、契約後は即売電開始となります)

 

 以下はオプションですのようですが、それでも魅力ある物件です。

・電力会社工事負担金
・造成費用
・遠隔監視システム
・フェンス設置

 

962万円の投資で年間125万円が売電収入が20年以上期待できます。

12月に支給されるボーナスの不足分は信販が使えるようです。

土地は売買ですが、航空写真でもわかるように住宅街です。

20年後、

「住宅用として手放す」

「パフォーマンスの限界まで稼働」

の選択ができますね。

 

年明け早々、不労所得を手に入れるチャンスです。

  

《早い者勝ち》太陽光発電物件
土地付き太陽光発電の投資物件検索サイト
ココでしか手に入らない物件多数掲載中!

 

さいごに

11月は、宮崎と千葉ともに約100%で軟着陸しました!

管理会社に任せているため、除草や異常時の対応などは全て管理会社で対応してくれます。

管理会社が契約通りに業務を適切に実施している事をマネージメントできれば、全く手間のかからない事業です。

太陽光発電の不労所得のおかげて、次に事業立ち上げに専念できています。

毎日働いてくれる太陽光発電に感謝です! 

 

2018年販売実績1位の会社を紹介します。 

老後資金を稼ぐために「ひなた発電所」を購入する人が増えていることを
ご存知ですか?詳しくはこちら
 

 


太陽光発電ランキング