【複数の財布】55才のセミリタイア

2019年4月、不労所得(太陽光発電と一棟アパート)を手に入れセミリタイアできました。その他事業(IPO・株式・配当・出資・アフィリエイト等)を展開し、その経験をシェアできるブログになる事を期待しています。

日本だけが下がり続ける賃金・手取り、あなたに気づいてもらいたい2つの事!

f:id:fukusunosaifu:20190424091411p:plain

 

はじめに

ここ10年くらい、給料があがっていないよなと

とか

僅かに上がってはいるけど手取りが少なくなった気がする

そんな事ありませんか?

 

ロバートキヨサキ氏は著書「金持ち父さんのアンフェア・アドバンテージ」の中で給料の“総額”と“手取り金額”について、次のように話しています。 

金持ち父さんのアンフェア・アドバンテージ: 知っている人だけが得をするお金の真実 (単行本)

 

Eクワドラントに属する人々は、自分のお金を自由に使う事はできない。

給料明細を見ると、給料“総額”と“手取り金額”の間に大きな違いに気づくはず。

政府がより多くのお金を必要とする時、Eクワドラントの給料の“総額”と“手取り金額”の差は広がる

つまり、国がお金に困る時、まず確実に徴収できる会社員の給料がターゲットになるという事です。

日本の賃金と手取りの変化を眺めてみましょう。

【記事】

  

2000年から日本だけ給料が下がっている!

OECD(Organisation for Economic Co-operation and Development:経済協力開発機構)がまとめている情報を基に、過去10年間の給料について相対比較したグラフです。

f:id:fukusunosaifu:20190827080305j:plain

出典(https://twitter.com/inoueshin0/status/1040932430968836098

 

一番下が日本。

2000年を“100”とすると、2017年は“99.7”です。

先進国で比較すると、

この10年間、日本だけ給料は減少している事を示しています。

アベノミクスなどにより、株価が上昇し企業の収益も上昇していますね。

一方、企業は利益を内部留保に向けており、社員の給料は上がらくなっているのです。

会社員が「景気回復」を実感できないのはここにありそうです。

 

2009年から手取りは増えていない事実

添付の下段の表(黄色)に注目してください。

f:id:fukusunosaifu:20190527075304p:plain

出典:賃金統計

左端は2009年、右端は2017年の手取り金額です。

年収「300」,「500万円」,「700万円」,「900万円」の手取り金額は、ともにズ~と減少の一途なのが判りますね。

年収「900万円」であれば、2009年からの約10年間で、手取りは10万円減った事になります。

言い換えると、この間に年収が10万円以上増加していない方は貧乏になっている事になります。

 

<2つの理由>

・健康保険料の上昇

2017年度、医療機関に支払われた医療費は422千億円で過去最高となっています。

国民1人あたりにすると333千円の医療費がかかっています。

理由は高齢化に伴う医療費の上昇です。

政府は2040年には医療費は66兆円になると見積もっています。

健康保険料はこれからも上昇しますね。

 

・厚生年金保険料

会社員の人は「国民年金」と「厚生年金」の2つの保険料を支払っています。

厚生年金保険料率の推移は

20099→15.7%

20189→18.3

となっており、10年間で16%の上昇です。

その「厚生年金」保険料も毎年上昇しているのです。

 

この2つの保険料の上昇以上に手取りが増えなければ、毎年あなたは貧しくなっていきます。

  

少額で安全に不動産投資を始めたいなら

 

このままで良いですか?

会社員の方は、このまま毎年給料が下がり続ける可能性が高い事がわかります。

手取り収入については、説明した理由で間違いなくこれからも少なくっていきます。

社会の変化を直視して、将来設計を考えないと「老後資金が足りない」がリアルに見えてくることになります。

 

 

励みになります。


不動産ランキング