【複数の財布】55才のセミリタイア

2019年4月、不労所得(太陽光発電と一棟アパート)を手に入れセミリタイアできました。その他事業(IPO・株式・配当・出資・アフィリエイト等)を展開し、その経験をシェアできるブログになる事を期待しています。

国民年金支払いました。月16,410円、”2年一括”がお勧めです!

はじめに

会社員を辞めると、年金保険料(16,410円)は、60才まで自分で支払う必要があります。

年金保険料の支払い額は馬鹿にはなりません。

 

退職後、”離職票”を持参し区役所で年金支払いの手続きを終えていました。

1か月後に、年金機構から請求書が届きましたよ。

(ちなみに、年金保険料は一律同額、年収は関係ありません)

f:id:fukusunosaifu:20190718115114j:plain

 

【きじ】 

 

いくら払ったか?

会社員の場合

会社員でいる間は、本人は2号保険者となり会社が半分は支払ってくれています。

配偶者は3号保険者となり、本人が支払う必要はありません。

 

早期退職の場合

7月に完全退職したので、今年度分として、

7月から来年3月まで、9ヵ月の支払いが必要でした。

夫婦2人分払うため、

16410円×9か月分×2名=295,380円

8月以降は一括前納ができるため割引があり、実際には

292,400円

と3,000円ほど安くなりました。

 

早期退職前に見積もってはいましたが、

年間で1人約20万円

2名で40万円はやはり負担は大きいですね。

 

支払いですが、郵貯や大手銀行、信用公庫、農協など幅広く可能です。

ネットでの支払いもOKです。

 

 

 

年金を安くできないか?

・免除

年金保険料には免除や減額、納付猶予制度があります。

早期退職して収入がないなど、事情があれば支払う額を減らしたり全額免除も申請できます。

当然ですが、その分年金は少なくなります。

追納”という制度もあります。

10年内であれば、免除分を支払う事で満額の年金がもらえます。

 

・2年分一括で口座振替

年金保険料を少なくする方法で一番良い方法は2年分一括口座振替」になります

来年度からは割引率の最も高い、「2年分一括口座振替」にする手続きを郵貯で行いました。

この場合、1回で379,640円を支払う事になります(夫婦で約80万円)。

割引額は15,760円で、1人1か月分の年金支払いが免除された計算になりますね。

 

f:id:fukusunosaifu:20190821150653p:plain

支払う口座ですが、夫婦で別々に申し込み必要はありませんでした。

私の口座から家内の年金保険料も支払う事が可能でした。

 

年金の割引額についてはこちらを年金機能を参照してください。↓

国民年金保険料の「2年前納」制度|日本年金機構

 

・クレジットカードで一括

手続きを全て済ませてから気づいたのですが、

クレジットでも「2年一括支払い」ができました。

クレジットのポイントが貯まるので変えようとも思いましたが、

クレジットカードの場合、「2年間一括支払い」の場合でも”現金納付”扱いとなり、14,520円の割引率にしかなりません。

口座支払いに比べ、1,200円ほど損!

手続きは、年金機構のホームページから申請書類はダウンロードできます。

でも、改めので手続きも面倒なので止めました。

 

・Pay-easy(ペイジー)

 先ほど本年度分292,400円を支払った事をお伝えしましたが、

支払いはPay-easyを活用しました。

24時間いつでも税金等の支払いが可能が優れた機能です。

みずほ銀行、三菱UFJ銀行、りそな銀行など大手の銀行であれば、ネットバンキングを使って、手数料0円で銀行のネットから支払う事ができます。

”Pay-easy”は毎月、半期、前期支払う場合も活用できます。

請求書が届いて自分で支払いたい方は、年金保険料をPay-easyで支払う選択肢もあります。

 

 2020年の年金保険料

2020年4月からは、年金は

16,540円

100円以上、更に上がります。

現在55才、

あと5年間、年間約40万円を払い続けなければなりません。 

 

早期退職する前に、しっかりと「年金」と「健康保険」の支払い額について見積もっておきましょう!

  

脱・雇われ脳!CRAZYマネーセミナー

 


セミリタイアランキング