【複数の財布】55才のセミリタイア

2019年4月、不労所得(太陽光発電と一棟アパート)を手に入れセミリタイアできました。その他事業(IPO・株式・配当・出資・アフィリエイト等)を展開し、その経験をシェアできるブログになる事を期待しています。

55才で早期退職しました。生活費は結構かかるんだ!

f:id:fukusunosaifu:20190511154557j:plain

2019年5月、セミリタイアを祝い、グアムへ1人旅行

はじめに

20194月、プラン通りに55才で早期退職しました。

早期退職と同時に本格的に“事業”に取り組んでいます。

不安もありましたが、

セミリタイア3か月後の生活必要な費用について紹介したいと思います。

早期退職を考えている方の参考になればと思います。

 

 【もくじ】

 

生活費は予想以上です

結果から話します。

許される範囲ですが、毎月数万円の余計な生活費がかかっています。

 主に、交際費と食費です。

 時間が自由となり、旧友とお酒を飲む機会が増えています。

自宅で仕事をするため、お昼を家族と外食する機会も増えています。

 

<支払うべきお金>

まずは、避けられないお金について。

会社員であれば会社が負担してくれた部分がありましたが、これからは全額を自分が支払う事になります。

なお、年度内の費用を一括で支払うと割引がされたり、事情があれば減額できるものもあります。

 

・健康保険料

31,976

会社員が早期退職する場合、一般には年収400万円を超える人は国民健康保険より“任意継続”を選択する方が安くなります。

埼玉県の場合、毎月31,976円。

“任意継続”は2年間ですので、それ以降は国民健康保険に加入しなければなりません。

会社の保険担当者から「任意継続」の費用案内が届きます。

金額を振り込むと、1週間ほどで新しい保険証が届きました。

 

www.fukusunosaifu.com

 

・国民年金保険料

16,410円

年金保険料は日本国民である以上、60才になるまでは支払う義務があります。

あと5年間、毎月支払い続けるのはキツイ!

令和元年の年金保険料は

毎月 16410

配偶者がいる場合は2倍ですので、年間

16,410×12カ月×240万円

を納める事になります。

こちらは、区役所で手続きを済ませて1か月ほどして請求書が届きます。

 

www.fukusunosaifu.com

 

・生命保険

毎月15,000

55才満期の生命保険のため、残額を全て一括で支払う事にしました。

 

・通信費

13,000

家族3人とも格安スマホに加入しています。合計の通信費用代です。

早期退職に伴い、不動産関連の管理会社や保険会社など、様々なところで電話をかける機会が増えたため、私の通信費が1000円ほど高くなっています。

10分間の通話代は無料ですが、スマホでない知人とのSMSなども頻繁になっています。

契約プランの見直しが必要かもしれません。

 

私の1

セミリタイアした後の1日を振り返ってみます。

3か月で、毎日のリズムが整ってきました。

会社員時代との一番の違いですが、次の事業を軌道に乗せるため、

週末がなくなったこと。

気持ち的には毎日が月曜日です。

とは言え、1日の時間配分は自分の意思で決定できるため、

ふらっと旅にでる事もできます。

 

 こんな感じです

早朝:5時半起床、シャワーを浴びブログ作成やメールチェック

午前中:7時頃朝食を終え、9時頃まで自宅で仕事

その後、お昼まで図書館やカフェでブログ更新やIPOのチェック

お昼:自宅で簡単に昼食、30分間の昼寝

午後:2時頃、近所の公園や公共施設で投資や資産形成、哲学書の読書

夕方:4時頃から1時間のウォーキング(公園に住み着いた猫にあいさつ)

ウォーキングの帰りにスーパーでビールとお惣菜を購入、帰宅後は野菜サラダを作ります

夜:6時頃お風呂、夕日を見ながらビールで自分にお疲れさん!

8時半頃には就寝

毎日本を読むこと、週に2回は公共のトレーニングジムで1~2時間汗を流すようにしています。

 

生活費は不動産

生活費は一棟アパート太陽光発電2基からの収入です。

会社員時代に比べると所得は半分くらいですが、これまで通りの生活は維持できています。

1日のパターンで紹介しましたが、

どこにも”アパート”や”太陽光発電”の仕事が出てきていません。

それぞれを3社の管理会社に業務委託しているためです。

アパートはサブリース契約のため、集客も含めアウトソーシングです。

 

太陽光発電については、web経由でリアルタイムに

・正常に作動しているか

・発電量や売電金額

を確認できます。

気になる事があれば、メール等で連絡をする程度です。

管理会社からは、除草した際の写真や台風が通過した場合にはその影響についてメールで連絡が来ます。

 

投資家がこぞって無料会員登録
ここでしか手に入らない激熱物件多数掲載
土地付き太陽光発電の投資物件検索サイト

 

アパートについては、毎月写真付きの報告書が郵送で届きます。

退室者がある場合は同席の有無についての問い合わせがあります。

自分でやっている事は、年に数回のアパート周辺の清掃作業です。

家内と行い、帰りは蕎麦屋さんに行くことがルーティンになっています。

(家内は青色専従者としているので、きちんと給料を払っています)

 

少額で安全に不動産投資を始めたいなら

 

私の事業スタンスは、

・外注でお願いできる部分はアウトソースする事

・可能な限り自分の時間を作る事

アパートの客付けやリフォーム、太陽光発電の除草やメンテンナンスも全て外注です。

費用は馬鹿になりませんが、そのおかげで次の事業立ち上げに専念できています。

 

多くの大家さんは客付けに奔走したり、内装リフォームなどに時間を割いているようです。

 考え方の違いですが、

私は時間を自分のために使いたいと考えています。

 

会社員時代の年収を目指す?

早期退職を目指すのであれば、退職できるかできないのラインは、会社員時代の年収が指標になります。

でも、注意いただきたい事があります。

不動産で収入1000万円を超える事は容易なことです。

会社員であれば属性の影響はあっても、

アパートを2~3棟を購入するだけで達成できるからです。

 

ちょっと待ってください

多くのサラリーマン大家さんは融資を必要としています。

そのため、家賃のほとんどはローンの支払いで消えていきます。

会社員時代の所得(年収から税金等を引いて手元に残るお金)を目標にすべきです。

私は、早期退職後に最低限必要な生活費必要な資金(学費や自宅ローン、車購入費など)を洗い出し、会社員時代の所得でなくとも生活は可能と判断しました。

 

不労所得があれば

お話ししたように、生活費は不動産太陽光発電から“不労所得”が中心です。

不労所得があれば、

・通勤する必要がない

・媚やゴマすり行為を見なくて済む

1日のスケジュールを自分で決定できる

が叶います。

 

55才になると、健康でいられるのはあと20年ほど。

(健康寿命は男性72才、女性74才です)

現在年収が500万円とします。

その人が年収700万円を目指し、700万円に到達したら満足しますか?

多分、もっと上を目指しますよね。

 

資産も同じです。

多額の資産を持つことは重要な事ですが、

2000万円持っていても1億円持っていても、人の欲に限りはありません。

そこには、現金が少なる事への恐怖があるからです

 

定期的な収入が入る“不労所得”を手に入れる事で、その不安は少しづつ解消できます。

これからどう生きたいのか、心の声に耳を傾けみてはいかがでしょうか。

 

ファイナンシャルアカデミーの「定年後設計スクール体験学習会」

 


セミリタイアランキング