【複数の財布】55才のセミリタイア

2019年4月、ようやくセミリタイアしました。様々な事業(一棟アパート・太陽光発電・IPO・株式投資等)を展開し、その経験をシェアできるブログになる事を期待しています。

45才【早期退職】資金4000万円で会社を”リストラ”しましょ!

f:id:fukusunosaifu:20190719080122j:plain

人生、楽しくやっていきましょう!

それって早期退職募集?

エーザイ、コカ・コーラ、協和発酵キリン、カシオ計算機、日本ハム、NEC、富士通

業績が好調な中で、一部上場の大手会社が昨年から

45才以上をターゲットに”希望退職”と言う名の"リストラ"を実施しています。

45才以上がターゲットになる理由は

45歳前後は給料が高い

・団塊ジュニア世代で社員数が多い

45歳以上の社員になるともう伸びしろは期待できない

・職種異動させても適応能力が既に低い

そのため、この45才以上をリストラすれば、コスト削減の効果が期待できるためです。

 

リストラとは関係ありませんが

2019年4月、プラン通り、早期退職できました

 

その経験から、会社にリストラされる前に、あなたから会社をリストラできる方法をご提案します。

退職金、早期退職制度の上乗せ退職金預金がの合計が4000万円あれば、不労所得を手に入れ、自由な時間を楽しめます。

 

書籍も参考になりますよ↓

40代で早期退職してセミリタイアとお金について考えた

 

【もくじ】

  

【受講無料!不動産投資55分講座】  

退職の違いと失業保険

 退職する方法には、「会社都合退職」「自己都合退職」の2種類があります。

それぞれで失業給付金(失業保険)の支給開始日や給付日数が違います。

“希望早期退職”に応募して退職した場合は会社都合退職となり、メリットがあります。

雇用保険を20年以上支払って入れば、“希望早期退職”の場合でも、最大で失業保険は330日間給付が受けられます。

45歳~59歳で1日最大7810円

1年間で約260万円を手に入れられます。

自己都合の場合150日間ですので、“希望早期退職”の場合しっかり満額の失業保険を頂きましょう。

私と同様に、早期退職前に既に”開業届”を出し事業が開始された人は、失業保険は受け取れませんので、タイミングが重要です。

 

4000万円をどう生かす?

民間の平均定年退職金は約2000万円です。

45才時点ではそれより少ないと想定されます。

しかし、就労20年を超えているため通常の制度では退職金が急激に増えている事と、

希望早期退職”による特別退職金を合わせると3000万円以上になるかもしれません。

更に、45才までの預金を合わせると4000万円は超えるでのはないでしょうか?

 

この4000万円をそのまま生活費に使った場合を考えてみましょう。

 

年間400万円の生活費が必要であれば10年間(55才)で枯渇します。

年間300万円の生活費が必要であれば13年間(58才)で枯渇します。

年金受給前に、全ての蓄えがなくなります。

 

年金が65歳から手に入りますが、勤続年数20年弱であれば

200万円くらいではないでしょうか?

厳しすぎる現実!!

老後破綻してしまいます。

 

お金に働いてもらう

ズバリ、4000万円に働いてもらいお金を生み出す事、”不労所得を手に入れる”事で上の問題は解決できます。

 

・太陽光発電の購入

低圧(50kw)太陽光発電は1500万円から2500万円で販売されています。

利回り10%ですので、2000万円であれば1基で年間200万円の売電収入となります。

1基で年間170万円キャッシュ(税引き後残るお金)が手元に残ります。

4000万円を元手に2基購入したらどうでしょうか?

2基で年間400万円を稼ぐことが可能となります。

400万円から税金や保険や管理費用等を支払うと年間で

340万円以上がキャッシュ(生活費になるお金)として手元に残ります。

20年間の「電力買取制度」が保証されているので、65才まではこの収入が期待できます。

 

20年間は340万円前後の使ってよいお金が、毎年残ります。

 

太陽光発電は、20年以降は買取価格は低額にはなりますが、そのまま収入は入ります。

アパートについては、20年前後で手放し高額なキャピタルゲインが期待できます。 

加えて、

65歳からの年金(200万円)があるので老後生活は確保できるのではないでしょうか。

 

買い取り価格36円の物件が多数紹介いただける、最大手物件紹介サイトです。

投資家がこぞって無料登録→土地付き太陽光発電投資物件検索サイト【タイナビ発電所】

 

・不動産を購入

一棟アパート(新築)を同様に購入した場合です。

2000万円の資金で木造一棟アパート5500万円前後を購入すると、こちらも税金や管理費用等を支払うと、私の実績で1棟で年間130万円ほどがキャッシュとして残ります。

2棟購入すれば、年間で260万円のキャッシュが期待できます。

不動産の場合、売却時のキャピタルゲインは期待できますが、年間260万円ではその間の生活費には少し足りないかもしれません。

 

少額で安全に不動産投資を始めたいなら

 

・太陽光発電と不動産を購入

そこで、「太陽光発電1基」と「新築一棟アパート」をそれぞれ2000万円で購入したらいかがでしょうか?

年間で300万円のキャッシュが期待できます。

実際に50才でセミリタイアされた方のブログを拝見すると、

生活費は年間250~350万円は必要と話されています。

太陽光発電と不動産に投資したキャッシュ300万円あれば、生活は可能かと考えます。

私は、不労所得として太陽光発電と不動産を既に所有しています。

 

f:id:fukusunosaifu:20190104081702p:plain

私の所有する、太陽光発電の売電額(2019年1月1~3日)を示しています。

1月真冬の売電状況ですが、売電は1日あたり約6,000円です。

夏場は、毎日1万円以上を稼いでくれます。

 

2018年販売実績1位の会社です。無料で資料請求からはじめてみては。

 人生100年時代、老後に自由を。「ひなた発電所」投資、はじめませんか?  

 

さいごに

”あなた”が会社をリストラする方法の1つを紹介いたしました。

セミリタイアの記事をチェックしてみて、注意点があります。

クレジットカードは早期退職前に作っておいてください。

まだ、カードを持っていない方は、与信(会社員としての信用)があるうちに会費等無料のカードは作成しておきましょう。

 

 

 

【関連記事】行動を起こさなければ、今のままです。
www.fukusunosaifu.com

 

  


セミリタイアランキング