【複数の財布】55才のセミリタイア

2019年4月、ようやくセミリタイアしました。様々な事業(一棟アパート・太陽光発電・IPO・株式投資等)を展開し、その経験をシェアできるブログになる事を期待しています。

「梅雨寒」で発電量70%未満、毎年起きる“50年に1度”の異常気象?

f:id:fukusunosaifu:20190716073954p:plain

はじめに

最後に“お日様”を見たのはいつだっただろう?

2019年は7月に入って、エアコンを一度もつけていません。

というか、6月の夏至の頃から、朝日を見た記憶がありません。

今年は過去最低を更新し、北日本と東日本の太平洋側では、雨や曇りなど、どんよりとした天気の日が続いています。

日照時間ですが、714日までの10日間の合計は、「東京都心が2.8時間で平年の7%」、「さいたま市が2時間で平年の5%」で、ほとんどお日様は顔を出していません。

また東京では、日照時間が3時間未満の日が、14日までで18日連続となり、観測史上最長となってしまいました。“50年に1度”の異常気象です。

梅雨明けが、本当に待ち遠しいですね。

【もくじ】

 

50年に1度”異常気象

毎年のように“50年に1”の異常気象が発表されているように思いませんか?

2017の九州豪雨に続いて、2018は西日本で集中豪雨、今年は日照時間不足など、「50年に1度」の異常気象が発表されています。

“異常”が“日常”になってしまいました。

 

<日照不足(今年)>

冒頭で紹介したように、東京都心は714日まで18日連続で「日照時間3時間未満」となっています。16日以降も1週間は雨模様です。

農業被害が出た1988年を既に超え、1961年の統計開始以来の最長記録を更新しています。

太陽光発電への影響も大きすぎますが、農作物への甚大な影響が懸念されます。

 

<集中豪雨(2018年>

前線や台風の影響により、「西日本」を中心に全国的に広い範囲で記録的な大雨でした。

628日から78日までの総降水量が四国地方で1800ミリ、東海地方で1200ミリを超えるところがあるなど、7月の月降水量平年値の24倍となる大雨でした。

あわせて、台風の上陸と接近は通年の2倍以上でした。

2017年には九州北部でも同様に集中豪雨に見舞われました。

 

最近では、毎年“50年に1”に異常気象が発生しています。

原因の1つは、我々の環境破壊や自然摂理への冒涜(ぼうとく)かもしれません。

大自然からの“警告”ではないでしょうか。

 

7月、15日間の売電

異常気象は1人の努力では変えられません。

コンビニやスーパーでレジ袋をもらわないなど、できる事から始めています。

f:id:fukusunosaifu:20190716073638p:plain


太陽光発電の発電量ですが、まだ半月あるとは言え、異常気象の影響で残念な事になっています。

未だに梅雨があけない宮崎では前年比66です。

日照時間が未曽有の最低レベルである関東(千葉)では50ほどです。

6月の発電量にさせ届かない事になりそうです。

今朝の報道では、724日ごろに梅雨明けの可能性があるとの事。

2日前まで20日ごろの予定でした)

24日ごろからお日様を拝むことができたら、7月は前年比7080%まで回復するかもしれません。

f:id:fukusunosaifu:20190716075918p:plain

個人の努力の範疇ではないので、天候の回復を祈るだけです。

太陽光発電の機会損失は確かに大きいです。

が、一時的な問題。

それよりも、農家の方々が手間かけて育てた農作物が無事育つのか心配ですね。

こちらは死活問題です。

 

やはり不動産?

昨年、今年と“50年に1”の異常気象の影響を受け、夏場に太陽光発電は思うように発電ができていません。

天候に収益を左右される事を避けたい方は、「不動産」事業を選択すべきかもしれません。

不動産は“梅雨寒”とか“50年に1度”の異常気象は関係なく収益が期待できます。

ただし、太陽光発電との大きな違いは、家賃収入から税金や融資支払いなどを支払い、手元に残るキャッシュが少ない事です。

ざっくりとですが、太陽光発電は不動産の1.3ほどの現金が残ります。

キャピタルゲイン(売買による利益)を出口戦略で考えている方は、「不動産」事業を本気で考えていくべきでしょう。

<参照記事>所有する太陽光発電と不動産とを比較してみました。

www.fukusunosaifu.com

住宅ローンが多く残っていて、「不動産投資用の自己資金」が少ない方はローンの借り換えを検討されてもよいでしょう。

  モゲチェック

 

さいごに

未曽有の“日照時間”不足や“50年に1度”の異常気象が普通の事になってきました。

異常気象が環境問題だとすれば、

我々にできる事の1つは、CO2を排出しない安全な電源である再生可能エネルギーへの寄与です。

微力ですが、異常気象が少なくなるような取り組みに協力したいと考えます。

 

分譲太陽光物件を探すなら
業界最大級の物件掲載数の【メガ発】

 


太陽光発電ランキング