【複数の財布】55才のセミリタイア

2019年4月、不労所得(太陽光発電と一棟アパート)を手に入れセミリタイアできました。その他事業(IPO・株式・配当・出資・アフィリエイト等)を展開し、その経験をシェアできるブログになる事を期待しています。

ふるさとに太陽光発電を購入すると帰省費用がグッと安くなりました

f:id:fukusunosaifu:20181224061337p:plain

「ふるさと納税」の話ではありません。

現在の住まいは関東ですが、宮崎に50kWの太陽光発電を購入しています。

年に1回ほど管理会社に連絡し、現場を見に行っています。

 

なぜ?地方に太陽光発電を購入したのか?

ふるさとが九州にあるからです。

都内に住む多くの方は、地方から上京されていると思います。

お盆や正月にふるさとに帰省しますよね?

その交通費、馬鹿になりませんね。

 

太陽光発電を購入すると、その交通費、経費になります

 

太陽光発電の状況をチェックするために現場を訪れたり、管理業者に候補地を紹介いただいたりすれば、立派な事業活動です。

事業活動と帰省の費用比率(按分)を考える必要はありますが、電車飛行機ガソリン代などの交通費は経費として計上できます。

(太陽光発電の事業目的のためだけであれば、交通費は100%経費です。)

 

領収書はもちろん、「現場の写真」や「紹介頂いた物件概要」なども残しておいたほうが良いです。

 

太陽光発電を購入する前は?

現地視察をした場合、その交通費も経費になります。

領収書証拠の書類を残しておき、確定申告で経費として申請すればよいです。

 

メガ発では地方の物件を多く紹介されています。

九州をみると、各県で紹介記事があります。

とくに宮崎と鹿児島では各20件以上の物件があるようです。

 

その他の経費

太陽光発電を購入した場合、経費として扱えるものは結構あります。

管理委託料(管理業者への支払い)

減価償却費(購入費用の経費化)

ローン金利(金利部分は経費)

固定資産税(土地購入の場合)

損害保険料(台風や地震等の保険)

 

 

ふるさとに太陽発電を購入すると、売電収入を得るとともに、帰省費用を安くする事が可能です。 

ふるさとに太陽光発電を購入するメリットを十分に活用したいですね! 

 

タイナビでは買取価格36円の地方物件も紹介されています。

九州を覗くと、現在80件ほど紹介されていますが、明日残っているかどうかはわかりません。

 《早い者勝ち》太陽光発電物件
土地付き太陽光発電の投資物件検索サイト
ココでしか手に入らない物件多数掲載中!

 


太陽光発電ランキング