【複数の財布】55才のセミリタイア

2019年4月、ようやくセミリタイアしました。様々な事業(一棟アパート・太陽光発電・株式投資等)を展開し、その経験をシェアできるブログになる事を期待しています。

太陽光発電の電力融通ができる日がくる!

f:id:fukusunosaifu:20190511073140j:plain

自然から作りだされた太陽光発電を、無駄にしないで活用できる日が来そう。
www.asahi.com

 

現在でも電線つながっているよ

日本には現在、電力会社は9つあるらしい。

北海道から九州まで13本の送電線でつながっていて、電力会社間で足りない電力については、垣根を超えて電力の融通をしているようです。

知らなかった!

送れる電力量が少なすぎるのが現状。

 

電力の融通ができない

送れる電力量が限られるため、再生エネルギーの拡大の障害となっています。

覚えていますか?

2018年の北海道胆振東部地震。

火力発電が停止し、本州から送電されたもののブラックアウトが発生し、北海道の方々は電気が使えず、大変な思いをしました。

一方、

九州では、電力の需要と供給のバランスを大義名分として、2018年から太陽光発電など自然エネルギーの一時的な受け入れを抑制、いわゆる“出力抑制“が公然と行われています。せっかく作りだした太陽光のエネルギーがそのまま捨てられていることが常態化しています。

 太陽光発電用地を利用した資産運用セミナー

 

どうしたらよいの?

必要な事は送電線を増やし、太陽光発電の適地と消費地をつなげることですね。

そこで、国は電力会社間の送電線の増強の費用について、電力会社の負担を減らして国民に負担してもらう事を決定。

でもですね、すでに再生可能エネルギーは負担しているけど。

下の図の9番の部分です。負担金を増やすってこと?

f:id:fukusunosaifu:20190518071338p:plain

TEPCO参照

送電線の増強は①北海道と東北②東北と関東間からはじまります。

そのあと九州まで広げるようです。

連系線を増強し、太陽光や風力発電などの再生可能エネルギーの拡大することが期待できます。

 

 

さいごに

いつも思います。

この国はどこへ向かおうとしているのだろう?

原子力発電は計画的にしか発電量を止められない、だからスイッチ1つで止められる太陽光発電を含む自然エネルギーを捨てればよい。

そうではないでしょ。

国民の健康と安全が一番に重視されるべきです。

論点を電気代にすり替え、それを根拠に原発をやめようとしない、お偉い方々はこの国の将来はどんな風にみえているのかなと。

メガネが曇っていて、よく見えないのかもしれません。

《早い者勝ち》太陽光発電物件
土地付き太陽光発電の投資物件検索サイト
ココでしか手に入らない物件多数掲載中!