【複数の財布】55才のセミリタイア

2019年4月、不労所得(太陽光発電と一棟アパート)を手に入れセミリタイアできました。その他事業(IPO・株式・配当・出資・アフィリエイト等)を展開し、その経験をシェアできるブログになる事を期待しています。

老後破たんする”準富裕層”、破たんしない”準富裕層”!

f:id:fukusunosaifu:20190101083556p:plain

 

はじめに

一般に、金融資産が5,000万(1億円未満)持つ人たちは“準富裕層”と呼ばれています。野村総合研究所の発表(2018年12月)では、

準富裕層は全世帯数の6%322万世帯もいるようです。

"富裕層"に到達するのは難しいそうなので、会社勤めを頑張り”準富裕層”を狙いたいところです。

f:id:fukusunosaifu:20190105105852p:plain

【記事内容】 

 

準富裕層になれる人

では誰でも、地道に倹約した生活を送ると60才定年までに準富裕層になれるかというと、残念ながら現実的ではありません。

ざっくりとですが、年収の平均は400万円です。

40年間勤めても年収の総額は1億6,000万円ほどにしかなりません。

この1億6000万円は全収入です。当然ながらこの中からまずは税金や各種保険料、教育費、住宅ローンの支払いがあります。

残ったお金が生活費や教育費となって消えていきますので、給料だけで準富裕層になることは難しいかもしれません。

 

どうしたら、準富裕層になれるの?

退職金と貯金の合計で”準富裕層”への到達が期待できるかもしれません。

公務員の平均退職金は2300万円です。(内閣官房の「退職手当の支給状況(2016年度)」)

定年までに残り2700万円の貯金ができれば、あなたも”準富裕層”になれます。

 

5000万円では生活できない

頑張りのお陰で準富裕層になれたとします。

一般的な家庭で毎月20万円の生活費が必要と言われています。

そこで、年間300万円を生活費として準富裕層についてシミュレーションしてみます。

 

条件:かなりの好条件に設定してみます

60才定年、年金200万円、持ち家有り、子供の学費不要

更に、旅行・通院・自宅リフォーム・衣服や車購入予定なし

結構強引ではありますが、贅沢しない条件であれば年間300万円で生活できます。

早速、私が作成したシミュレーションをじっくり見て下さい。f:id:fukusunosaifu:20190427074144p:plain

人生100年時代に突入する事から、長生きできたケースで見積もっています。

「必要貯金」は4500万円となり500万円の貯金が残ってはいます。

しかし、国民健康保険料固定資産税の支払いでなくなりますよね。

また条件設定のように学費、リフォーム、治療費、車の買換えなど考慮していません。

これらのの可能性を考慮すると準富裕層でも、老後破綻する可能性が容易に想像できますね。

 

不労所得を考えよう

お金持ちと言われる”準富裕層となったとしても、貯金を食いつぶす生活では老後破綻する可能性があることがわかりましたね。

対策を検討しましょう。

条件は先ほどと同じとし、毎月の生活費は20万円(年間300万円)。

f:id:fukusunosaifu:20190427074224p:plain

60才定年と同時に、利回り10%の不動産を2000万円で購入した場合でシミュレーションしています。

 

利回り10%は太陽光発電への投資で可能です。

太陽光発電により、60才から80才までの20年間、年間200万円の収入が得られます。

太陽光発電の固定買取は20年間のため、そこで手放すこととして見積もっています。

(20年後も買取価格は低くなりますが、実際には売電は可能です)

 

・65才から95才までは年金200万円です。

・80才で太陽光発電が終わり、80才から95才までの15年間、年間100万円

(トータル1500万円)が必要。

60才から5年間、貯金から年間100万円(トータル500万円)が必要。

・65才からは年金200万円に加え、太陽光発電収入200万円があるため、

太陽光発電の100万円については65才から15年間(1500万円)を貯蓄に回せます。

 

全体でみると、

80才から95才まで(15年間)の1500万円の不足分を、65才から80才まで(15年間)の太陽光発電が貯蓄(1500万円)で相殺できます。

 

<結果>

「必要貯金」は2500万円となり、貯金を食いつぶすだけより2000万円が改善できた事がわかります。

これは1例です。

太陽光発電や、アパートやマンション、一戸建て不動産への投資する事で、準富裕層の破綻は回避できます。

貯金を使うだけからミドルリスクである“不動産”や“株の配当”などへの投資が必要だと理解いただけたかと思います。

(太陽光発電は、20年経過した80才以降も買取価格は小さくなりますが、壊れるまで収入を生み出してくれます)

 

2018年、太陽光発電販売No.1の会社です。

老後資金を稼ぐために「ひなた発電所」を購入する人が増えていることを
ご存知ですか?詳しくはこちら
 

 

55才で早期退職する

多くの会社で早期退職制度があります。これを活用します。

55才までであれば退職金の上乗せ(基本給の12ヶ月~36か月)が頂けます。

そのため、60才定年と同程度の退職金を得る事も可能です。

55才で早期退職し不動産投資を行った場合、先ほどのシミュレーションに加え、55才から60才までの生活費が更に1500万円が必要となり、「必要貯金」は4000万円となってしまいます。

しかし、早期退職金制度で1500万円の上乗せ金があれば、60歳定年と同条件となる可能性は十分はありますね。

 

不動産投資を活用すれば、55才前後でも十分に早期退職できる事がわかります。

55才であれば体力や気力は十分に残っています。

 

私は、紹介した投資法を実践し、55才で早期退職できました。

ノマド的なセミリタイア生活を送っています。

 

早期退職したあと、好きな時間だけアルバイトをしたり、インターネットビジネスなどで収入を増やす事が可能です。

準富裕層”になれば、不動産を活用して定年を待たずに人生を謳歌する事も可能。

 

【受講無料!不動産投資55分講座】

 

さいごに

準富裕層”でも、貯金だけで老後を生き抜くのは難しいとお分かりいただけたかと思います。

ポイントは、準富裕層が生活に不安なく早めにリタイアしたいならば、不労所得を得ること。

不動産や株の配当に投資し資産運用を行い、不労所得を得られるプロセスをリタイアするまでに構築する事が必要です。

投資により”不労所得”を手にすれば、準富裕層でも貯金が急激に減ることなく、またこれまで通りの生活レベルで早期リタイアが可能です。

 

無料登録するとで、優先的に物件の紹介が頂けます。

投資家がこぞって無料登録→土地付き太陽光発電投資物件検索サイト【タイナビ発電所】

 

一棟アパートについては、お世話になっている、信頼できる会社をご紹介可能です。 

 

 励みになります


不労所得ランキング