複数の財布

2019年4月、無事セミリタイアしました。様々な事業(一棟アパート・太陽光発電・株式投資等)を展開し、その経験をシェアできるブログになる事を期待しています。

早期退職する前に知っておきましょう!―年金手続き―

f:id:fukusunosaifu:20190411071642p:plain

はじめに

2019年4月、念願かなって会社員を早期退職しました(退職日は有給休暇の消化日)。

退職日の翌朝、これまでの習慣通り5時過ぎに起き、自宅のメールや昨日の太陽光発電の売電額、本日の天気、海外の経済動向のチェックを淡々と行いました。

昨日までと違うのは、朝食(軽食)を取った後、クローゼットから背広を出すことなく、そのまま一畳書斎(極狭ですが事務所です)へ向かった事です。

もう満員電車に乗らなくていい。

さて、これから早期退職をお考えの方に、【年金の手続き】について説明します。

【記事の内容】

 無料のセミナーでまずは一歩踏み出す!

  ベルテックスの不動産投資セミナー  

|年金保険って何?

通常、会社員が加入している年金保険は厚生年金保険です。

(ほとんど意識した事がありまあせんけど)

その厚生年金保険ですが、国民年金に上乗せされて給付される年金となります。

会社員は、基礎年金である国民年金に厚生年金をさらに支払っているのです。

(年金もダブルの受給額となります)

そのため、会社員を早期退職する場合、厚生年金をやめ国民年金のみとする手続きが必要になるわけです。

|年金保険の手続き

現在お住まいの市役所(区役所)で、手続きはできます。

退職後14日以内の手続きが必要とあります。

(窓口へ連絡したところスムーズに手続きを完了するためであり、遅れた事でペナルティーはないとの事)

 

年金保険の手続きで必要なものは4つです。

・年金手帳

・資格喪失証明書(会社が発行)

・印鑑

・マイナンバーカード

マイナンバーカードについては、窓口へ電話して教えてもらいました。

マイナンバーを記載する項目があるようです。

因みに、配偶者のマイナンバーカードも世帯主が持参するだけで良いとの事です。

|保険料はいくらか?

国民年金は収入に関係なく一律です。

一人当たり、16,410円/月(平成31年度)。

配偶者がいれば、

16,410円×12カ月×2名≒40万円

となります。

国民年金保険料はまとめて前払いができ、割引が適用されます。

出典:国民年金機構説明

https://www.nenkin.go.jp/service/kokunen/kanyu/20140710-03.html

|受給年金の減少額

これまで会社員をしていた方が早期退職し、国民年金に切り替え60歳まで支払ったとしても、現在の予定年金受給額より少なくなります。

早期退職した年齢で受け取る年金の減少額は違います。

下記の記事で年金の減少額の計算について紹介しています。

www.fukusunosaifu.com

|早期退職後の収入

早期退職後は、ブログ作成を始め、その他の活動に専念するため会社勤めはしません。

私の代わりに太陽光発電と不動産が稼いでくれます。

ぜいたくしなければ生活費は十分賄えるため、退職金はその他のイベント用に活用する予定です。

不労所得の収入についてはこちらの記事で紹介します。

www.fukusunosaifu.com

32円の太陽光発電も紹介いただける、最大手サイトです。

 投資家がこぞって無料登録→土地付き太陽光発電投資物件検索サイト【タイナビ発電所】