複数の財布

様々な事業(一棟アパート・太陽光発電・株式投資等)を展開し、セミリタイアを目指しています。経験をシェアできるブログになる事を期待しています

会社員の2000万円の運用方法は?実践して見出した結論は、

 f:id:fukusunosaifu:20190105105716p:plain

はじめに

2,000万円の自己資金があればどんな運用方法があるのか

本気で考えたことがありますか?

成功者へのインタビューで有名なナポレオン・ヒルの言葉です。

“潜在意識は良い考えも悪い考えも同じように受け入れる”

500名以上の成功者を調査して、この事実を見つけました。

つまり、

「2000万円を手に入れる(手に入れたいではありません)」と懸命に意識に植え付けると、本当に実現するという事です。

そんなのウソだ!と思われた方へ

その瞬間に、あなたの潜在意識が自分はお金持ちになれないと信じ込みます。

2000万円を手に入れる事や、リアルにその運用までを考える習慣を持つことで、その願望は事実に変わると私は考えています。

成功哲学

 【記事の内容】

 

 腰痛・肩こり・背痛・睡眠負債に特許申請の次世代マットレス【ビブラート1】

|2000万円の世帯の割合

 日本には、2000万円の貯蓄を有する世帯がどれくらいいるのか、

まずはのぞいてみましょう。

二人以上の勤労世帯(2017年)

2000~2500万円

2500~3000万円

3000~4000万円

4000万円以上

5.2

3.7

4.2

6.4

家計調査報告(貯蓄・負債編)-平成29年(2017年)平均結果-(二人以上の世帯)』より一部抜粋

総務省が2018年に公表した最新のデータです。

2000万円以上の貯蓄がある世帯は全体の19.5%という報告です。

2割の世帯で2000万円以上のお金を準備している現実がわかります。

その他のデータから、50歳の世帯で約20%が2000万円以上の貯蓄があり、60歳になるとその割合が更に増えており、年齢が上がるとともに貯蓄額が増えていることがわかります。

2000万円の貯蓄を有する世帯は若年世帯ではなく、様々な経験を積まれた高齢の方に多い事がわかります。

|フィナンシャルリテラシー

2000万円のお金を持っても、いや1億円を持っていてもお金の知識なければ、

・だまされたり

・資産を減らす

事になります。

私の場合もフィナンシャルリテラシーが弱く、20年以上にわたり株式市場で大きな損害受けました(現在は随分理解しつつあります)。

金融庁の金融経済教育研究会が「最低限身に付けるべき金融リテラシー」として4分野・15項目を公表していますので、興味のある方はどんなものか拝見ください。

https://www.fsa.go.jp/news/25/sonota/20131129-1.html

 

その中からいくつかを紹介しますと、

・ライフプランを明確にすること

・契約で不明点があれば確認する事を習慣にすること

・契約の相手方である業者が信頼できるかどうかを必ず確認すること

・インターネット取引の利点と注意点を理解すること

・高いリターンを得ようとする場合には、より高いリスクを伴うことを理解すること

当たり前のことのように思えますが、実践は難しいです。

お金を運用し確実に成功するためには、このフィナンシャルリテラシーをしっかり身に漬けましょう。

 不動産投資の王道を学ぶならこれ!
ゼロから始める目からウロコの不動産投資セミナー
  

|運用方法

先ほど紹介したデータから、結構多くの勤労者が貯蓄されていることがわかりました。

2000万円あれば老後に安心感があり、自信も持てますね。

でも、2000万円を貯金しても、金利がほぼ0%では増える事はありません。

虎の子の2000万円を

・老後不安なく生活できるように増やしたい

・最小限のリスクで安全にできるだけ増やしたい

と考えるはずです。

2000万円ですが、

年金保険や健康保険料金支払いを含んだ、年間の生活費が400万円で可能だとしても、5年間しか生活できません。

お金に働いてもらわないと、5年でなくなります

その投資方法ですが、

①株式投資

②投資信託

③FX

④不動産

が主流です。

株式投資と②投資信託については、20年以上の経験者ですが、資産を減らしただけでした。

株式投資についてですが、現在、日経平均は2万円台を維持していますが、どこまで続くか疑問です。

これからも上昇すると判断されている方は、挑戦されても良いかもしれません。

もう、私はキャピタルゲイン目的の株式投資はまっぴらごめんです。

特に②投資信託の場合、運用管理費(信託報酬)に注意してください。

年率約0.05〜3%ですが、毎日あなたの預り金から手数料が抜かれています。

株価が上がっても下がっても毎日引かれます。

つまり、証券会社や銀行の営業マンは手数料を顧客から集めるために仕事をしているのであって、あなたのために働いているのではありません。

(数十億のお金所有するVIPは別です)。

ここが肝心です。

金融のセールスマンは資産運用のプロではありません、、金融製品を売るプロです。

 

私が行き着いたのは、③不動産です。

全ての方にあった手法ではないかもしれません。

景気の上昇した時の株や投資信託のように、資産が急激に増加する事は期待できないからです。

ただし、景気が悪くなったから家賃が半分になったと聞いたことはないですよね。

ミドルリスク・ミドルリターンと言われる所以です。

不動産にはマンションやアパートや戸建など自分に合った物件を購入できます。

私が勧めるのは、不動産投資と太陽光発電投資です。

私の所有する太陽光発電所の1年間の実績を紹介します。

www.fukusunosaifu.com

 30年、様々な投資にトライして得られた答えは“不動産投資”でした。

守りながら地道に資産を増やすのに最も適切な投資方法だと今は思います。

私は、ようやくセミリタイアできます。

|さいごに

・2000万円の貯蓄ができる前から、その運用方法を見出す事

・自分を信じること(自分に信じ込ませること)

 

《早い者勝ち》太陽光発電物件
土地付き太陽光発電の投資物件検索サイト
ココでしか手に入らない物件多数掲載中!