【複数の財布】55才のセミリタイア

2019年4月、ようやくセミリタイアしました。様々な事業(一棟アパート・太陽光発電・IPO・株式投資等)を展開し、その経験をシェアできるブログになる事を期待しています。

会社員の太陽光発電投資!2019年1月、宮崎で150%超?

はじめに

知識ゼロから会社員が太陽光発電投資するのは難しいのでは?

会社員をしながら太陽光発電投資を始めて1年になります。

天気は気になりますが、投資対象となり

副収入源として100%期待できる!

と今は言えます。

太陽光発電の管理は管理会社に委託しているため、1年を通し正常に稼働している事を確認し、売電収入が銀行に振り込まれた事を月に一度確認するのが私の仕事です。

2018年の確定申告が終わりました。

減価償却費の恩恵も受け、税務上赤字となり、会社員として支払った税金が還付される事になりました

有り難いです。

これから太陽光発電に投資を予定されている人、不動産事業に不安のある会社員の方々に、この1年の成果についてお話しします。

太陽光発電を1年間運用し、収益の確保に目処が立てたので、私は会社員を卒業します。

f:id:fukusunosaifu:20180602064402p:plain

 【もくじ】

|太陽光発電の収入

2019年の1月、九州(宮崎)で稼働中の太陽光発電の発電状況を示しています。

1月23日の時点で、対シミュレーションで既に100%を超えています。

1月の2/3の時点ですので、シミュレーションの1.5倍くらいの発電量に1月は達しそうです。

1月はかなり上揺れする事が決定しました。

関東にも1基を所有していますが、同様な発電量を示しています。

発電所の規模を考慮すると、今月は断然九州の方が良い結果になりそうです。

f:id:fukusunosaifu:20190124053833p:plain

太陽光発電の遠隔管理システムから、180kWh以上(売電金額6500円以上)を発電した好天気が続いている事がわかります。

関東では180kWhまでは届きません。季節的な要素もあるのかもしれません。

発電量の確認ですが、

太陽光発電販売会社では、遠隔で24時間発電量・売電額がみれるwebシステムを準備しています。いつでもスマホから発電量・売電額の確認ができます。

私は、業務の合間にスマホで現在の発電量を見ています。

自分が休息している時でも、太陽光発電はしっかり働いてくれています。 

|物件の規模

九州(宮崎県)の太陽光発電は購入して9ケ月となります。

規模は40.56.kW、いわゆる低圧太陽光発電です。

土地付きを2,000万円前後で購入しています。

数十区画の区分の1区画になります。

それまで太陽光発電の投資について全く知識はありません。

サラリーマンをセミリタイアするための不労所得の獲得手段の1つとして、不動産投資を5年ほど前から考えていました。

さまざまな投資セミナーに参加する中で、不動産投資の1つとして”太陽光発電”の存在を知り、関連するセミナーに参加するなど情報を集め、事業として成立すると確信し投資しています。

主に、物件情報は条件をクリアできた会社のみ登録できるメガ発とタイナビから得ています。21円や32円物件も紹介いただけます。

太陽光発電投資物件探しは【メガ発】
カンタン登録でお得な情報をGET

|太陽光発電の利回

太陽光発電の投資物件はほとんどが“利回り10%“をうたっています。

これは発電シミュレーションからの利回りです。

利回り10%とは、2000万円の太陽光発電投資で、年間200万円ほどの売電収入が可能となる事を示しています。

しかし実際には、償却消費税や所得税、土地の賃貸料、メンテナンス費用などを支払うと、年間の売電の約80%(160万円)が手元に残ります。

つまり、実質利回りは約8%と考えても良いと思います。

再生可能エネルギーの固定価格買取り制度は20年です。

20年間は電力会社は固定された価格で、購入が義務づけられています。

そのため20年間は売電による収入が期待できます。 

|売電の振込 

売電の振込は、連系開始前後に電力会社(紹介の太陽光発電は九州のため九州電力)より“銀行口座指定手続き”の案内が届きますので、事前に売電収入の振込先を指定できます。

九州電力の場合、毎月第2週頃に、先月の検針結果に基づく“購入電力量のお知らせ”が電力会社から届きます。振込みはその後になります。

そのため、ひと月遅れで売電収入(電力会社が購入した電力)が指定の銀行に振り込まれるイメージです。

|売電しての感想

九州の太陽光発電は、1年経過していないため昨年との比較はできませんが、1月については、シミュレーションの150%近くの売電収入が見込まれます。

関東の太陽光発電については、昨年当月の売電収入を超える事が決定です。

 

年間収入をより現実的に求める場合、2018年夏の異常気象(40℃以上の日がありましたが、台風が例年の2倍上陸)を考慮し95%

コンサバティブにみるならシミュレーションの90%

で設定すれば、事業としては安心と考えます。

 

タイナビでは32円物件が紹介いただけます。

投資家がこぞって無料登録→土地付き太陽光発電投資物件検索サイト【タイナビ発電所】

|どの月の収入が多いか?

 発電量ですが、3月から8月まではシミュレーション上は高く、9月から減少し、11月、12月はもっとも発電量が低くなるようです。

|シミュレーション

太陽光発電の販売会社が提供する発電シミュレーションと、維持管理にかかる費用(メンテナンス費用、保険、備品の交換費用などの経費、税金)を自分で20年分をまとめて管理しています(エクセルで簡単に監理できます)。

私の太陽光発電の場合、売電量からあらゆる上記費用を差し引いた、見かけではなく実際に手元の残る収入(キャッシュフロー)は12年前後に投資資金に達成します。

つまり投資資金の回収が終了します。

13年目以降は全て自分の儲けとなります。

サラリーマンの太陽光発電投資の場合、更に「消費税還付」を受けられるので、2年目は年間売電量相当分の資金回収が可能です(確定申告する事で購入時の消費税分が税務署より還付されます)。

つまり、12年を待たずに実際は資金を回収する事になります。

【関連記事】消費税還付を受け取った時の記事です

www.fukusunosaifu.com

|知識の習得

太陽光発電投資の本を読む事から始め、さまざまな太陽光発電のセミナーに参加する事をお勧めします。

物件の購入は、タイナビで土地付き太陽光発電の投資物件の情報を入手したり、太陽光発電セミナーに参加した際にも物件を紹介いただいています。

どの太陽光発電セミナー無理な勧誘は経験していません。安心して参加できます。

次の太陽光発電投資に向け、資金確保を始めています。

実際にセミナーに参加した、メディオテックさんは2018年販売実績1位の会社です。

まずは、資料請求だけでも可能でした。

知らないだけで損をする!再生可能エネルギー投資「ひなた発電所」

|さいごに

 ・会社員の私にも太陽光発電の投資はでき、毎月収入を得ています

(稼働後は、遠隔管理システムをチェックと入金を確認するだけが仕事)

・毎月の収入に一喜一憂しない

(天候はコントロールできませんので、自分はサラリーマン稼業に精を出す)

・保険には絶対入ること(投資のリスクを最小化する) 


不動産ランキング