【複数の財布】55才のセミリタイア

2019年4月、ようやくセミリタイアしました。様々な事業(一棟アパート・太陽光発電・株式投資等)を展開し、その経験をシェアできるブログになる事を期待しています。

【晴れ!ときどき一人旅】東京駅~安房鴨川ローカル列車の旅

会社でのストレスがピークだ!

と心が叫んでいる。

海が見たい!

一人静かに温泉に浸かりたい!

こんな時は一人旅に限ります。

会社からも家族からも離れ、車窓から流れる景色でも眺めながら、ただ、ぼおっとする時間がほしい。

2日前に有休取得を同僚に宣言して、千葉の安房鴨川に一人旅をする事にしました。

【もくじ】

 

 

京葉線はどこ?

2018年11月30日 金曜日(快晴)

有休消化の意味合いもあるけど、休みは金曜に取っています。

1週間が1日短くなるだけで、子供の頃のようにワクワクしてくる。

<東京駅発(10:02)ローカル線:蘇我行き>

f:id:fukusunosaifu:20181203054704j:plain

東京駅にあるホームとは言え京葉線のホームは非常に遠い。わたし的には有楽町あたりまで歩いている気がする。体験された方は頷くはずです、本当に遠いです。

いっその事、地上に駅を作ってみたらどうだろう。きっとどこかのビルの下なのだろうけど、よっぽど簡単に手軽に使えそうに思える。

京葉線のホームは東京駅の地下29メートルにあり、馬喰町駅を抜いて日本一低いホームになったとか。

いやそんな事はどうでもよくて、とにかく東京駅の在来線ホームに着いてから歩く歩く、とにかく歩いてようやく京葉線のホームが近づいてきた。

ホームの上階にあるコンビニで“ビールとつまみ”を購入し、地下4階の京葉線乗り場へ向かった。

発車してしばらくたつと、ディズニーランドを右に見ながら内陸へ向かいだす。

座席の斜め左側に、東南アジアからの若い男性らしき旅行客数名がディズニーランドを指さしながら、はしゃいでいる。

新浦安で降りるのかと思ったが下車する様子はなし。彼らはどこへ向かっているのか?

<蘇我駅 10:45着 10:51発>

蘇我駅、ここから内房線と外房線に分かれます。

海を見たいから迷わず内房線に乗り換え。

館山駅まで海沿いを走ります。

館山付近になると、薮にところどころ遮られながらも東京湾が眼下に広がり、海岸がグッと近づいてきた。

時々、崖にぶつかった波が大きな波しぶきとともに割れる光景が見れる。

”ドシャーン”と、その音が聞こえているような錯覚させ覚えた。

師走まじか、でもこの時期の東京湾はキラキラしてきれいだ。

ふと疑問が浮かぶ。

東京駅から熱海の海岸沿いは「踊り子号亅があるのに、なぜ内房線を活用したオーシャンビューの観光列車ができないのか?

いろいろ大人の事情とかあるのかも知れないけど、この景色をゆったり見られるのは、それだけでも魅力であり、観光資源だと思うんだけど。

館山駅途中下車

f:id:fukusunosaifu:20181203054909j:plain

<館山駅 12:31着 12:58発>

館山駅に到着。何か観光はできないかな?乗り継ぎまで15分足らず。

ひとまず西口に出てみる。たぶん海が見えるはずだ。

遠くに波が見えた。歩けば5,6分で海岸までたどり着けそう。急いで海へ向かう。

f:id:fukusunosaifu:20181203055038j:plain

夏は大勢の海水浴客が来たんだろうけど、明日から12月。

海には堤防の先で2,3名の釣り客がいるだけ。それでも海も空も青かった!

とりあえず、大きく深呼吸してみた。

 

15分の途中下車を終え、安房鴨川行きのローカル線び乗り込んだ。1時間弱の乗車。

しばらく内陸を走り出し、和田浦辺りから目の前に再び海が広がりワクワクしてきた。風もなく、穏やかな金曜日で海はキラキラ。

でも海岸に打ち寄せる波は時より大きい。たぶん、ザブーンとうなっているのだろうけど、電車の中では聞こえない。

和田浦駅か江見駅かは忘れたけど、駅前に小学校が隣接していた。

窓ガラスに「大好き○○小学校」と書いた張り紙を、電車の乗客から見れるように貼ってあったけど、“学”の字がはがれていて「大好き○○小 校」となっていた。一生懸命に子どもたちは飾ったのだろうけど笑えた。印象には残ったけど。

安房鴨川到着

安房鴨川駅 13:39着>

東京駅を出て3時間40分、ようやく目的の安房鴨川に到着。

f:id:fukusunosaifu:20181203055356j:plain

ここでの一番の楽しみは日帰り温泉。

鴨川にはいくつかの日帰り温泉があるけど、来るたびに寄る温泉は「マルキ本館」。

店名の由来は知らないけど、安房鴨川から徒歩で10分足らずで行ける。

昼間は他の旅行客は少なく、のんびり入れるので非常に重宝している。

<マルキ本館情報>

魚眠庵 マルキ本館(大人1,000円)

住所

千葉県鴨川市横渚543

電話

04-7099-1919

公式HP

http://www.gyominan.com/

f:id:fukusunosaifu:20181203055512j:plain

お風呂に内湯はない、露店が2つだけ。それだけでも十分。

ここ数か月のストレス解消と旅の疲れを癒すために温泉にザブーン。

無色透明。

海が近いのに塩っ気がない。泉質は「含硫黄-ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉」のようだけど、舐めても何の味もしなかった。

入口で数名の客が入れ替わるように風呂から出てきた。そのため、露天風呂は一人で貸切状態、穏やかな陽を受けて静かに秋の終わりをシミジミと味わった。

気持ち良かった!ホントに。

 宿

今夜の宿は会社の保養所を予約したので夕飯はない。

安房鴨川駅近くの地元のスーパーでお刺身・寿司そしてビールに日本酒を買い込み、そのまま宿泊宿に向かった。

f:id:fukusunosaifu:20181203055736j:plain

夕方4時、まだ早いけどお風呂も頂いたしすることはない。

8Fのベランダからサーファーを見ながら、スマホでユーミンのヒット曲を低音量で流してお酒を飲み、一人の時間をシミジミと楽しんだ。

 

翌朝、ベランダから鴨川の海を眺めてみた。

朝からサーファーで賑わっている。

この保養所は一般の方のマンションでもあり、鴨川の海が目の前。

昨日の午後もサーファーが大勢波乗りを楽しんでいたっけ。

そういえば、日本初のサーフィン大会はここ鴨川らしい。遠目で分かりにくかったけど、子供も波乗りしてるみたいだ。

f:id:fukusunosaifu:20181203055901j:plain

因みに、このマンションは販売中の部屋もある。

駅前の不動産に寄ったら2LDKが1,200万円ほどで売り出されていた。投資家でもある私は、しっかり物件調査をやってきました。

東京から新幹線で来れるなら、間違いなく避暑地・避寒地になるのに、もったいない気がする。

旅の終わり 

<12月1日 11:37発>

f:id:fukusunosaifu:20181203060356j:plain

旅はここで終わり。

午前中は、鴨川でずっとサーファーの波乗りをながめていた。

年に数回はこうして来ているけど、本当にいいところだと思う。

鴨川シーワールドは、子どもが幼い頃は行ったりしたけど、10年近く見に行ってない。

わかしお12号に乗って、2時間の旅がまた始まった。 

 

オトクな「新幹線+ホテルセットプラン」を検索!