複数の財布

様々な事業(一棟アパート・太陽光発電・株式投資等)を展開し、セミリタイアを目指しています。経験をシェアできるブログになる事を期待しています

20代の早期退職は可能?“YES!”その後のために身に着けるべき「考え方」

はじめに

入社して数年足らずだと思うのですが、

退職後はどんな風に生活するのですか?

入社後1年内で10人に1人が早期退職する時代になっています。

という私も、20代に2回の転職を経験しています。

でも、早期退職を勧める記事ではありません。転職はじっくり考えての判断が必要です。

50才を過ぎて、私はようやくセミリタイアします。

20代の頃に今の考え方や方法を身に着けていれば、もっと早く早期退職し“自由”になれたと確信しています。

その考え方、方法を紹介します。早期退職を考えた時は、この記事を参考にしてください。老婆心ながらお役にたてるかもしれません。

f:id:fukusunosaifu:20181124120257p:plain

【もくじ】

リゾートまでの交通費0円

|20代で早期退職できる人とは?

20代でサラリーマンを早期退職できる人はどんな人だろう?

・実家が資産家

・資金に余裕のある投資家

・副業が軌道に乗った実業家

そんな人ばかりではないはずです。

さすがに20代のブログ記事では多くは目にしませんが、

“貯金300万円ですが早期退職しました”

といったブログ記事を見かけたりします。

彼らはブログで数十万を毎月稼げるようになっています。貯金は少なくとも給料に頼らなくとも副収入が収入源となり早期退職できた人たちです。

ブログで生計を立てられるとは羨ましいですね。文章を書くのが嫌でなければ、働きながらチャレンジしてもいいのではないでしょうか?

|20代で退職するための資金

30代の3人に一人は「貯金0円」という現実データがあります。

20代であれば、もっと「貯金0円」の方は多いと思われます。

ところで20代で早期退職し、働かない選択をするとどれくらいの資金が必要なのでしょうか?

ファイナンシャルプランナーのブログで調べてみました。

ざっくりと、

・40歳で1億円

・30歳で1億3,000万円

となります。

残念ながら20歳のデータはありませんでしたが、ここに20歳を当てはめると、

毎月18万円あれば生活できる場合、年間で216万円の貯金が必要です。人生85歳として

216万円×65年=1億4,000万円

となります。

20代で早期退職を考える時、1億4,000円は意識しましょう。

|不労所得を得るために

ここから、私が実際に行った2つの方法をお話しします。

1億円以上の資金を作ることは至難のわざです。

それではどう工面するか?

☆副収入源を作り出す

☆不労所得を手に入れる

ことで早期退職に必要な資金額を大きく抑えられます。

副収入源のつくり方

キャピタルゲインでは一過性ですので、「不動産」や「株の配当」などのインカムゲインを得る事にフォーカスを当てなければなりません。

先ほど紹介したように、ブログアフィリエイト収入が毎月安定して20万円入るようであれば、1億円は必要ないですよね。インカムゲインがあれば20代での早期退職も可能です。

 

20代で早期退職を考えている方は、給与代わりの収入源として“不労所得を手に入れる”事を考え、“不動産”や“再生可能エネルギー”“株式投資のセミナーに参加し副収入の稼ぎ方を勉強している方もすでにいると思います。

早ければ早いほどゴール(早期退職時期)は近くなります。

とにかく、行動力です。

効率よく不動産投資の知識を身につけたいなら

私は、40代後半になって”不動産”や”再生可能エネルギー”のセミナーに頻繁に足を運び知識を吸収しました。勉強しながら、具体的にキャッシュフローを考えた購入プランを立てました。

そして、プラン通り50代前半で不動産等を購入し、不労所得を得る事ができています。

適切なプランをたて、そのために準備すべき事や、成功へのプロセスを整理し、

ステップバイステップで進める事が重要です。

20代で実践していれば、20代での早期退職もできたと確信しています。

当時でも考えていたものの、”実行に移す強い意志”がなかったため、時間をムダにしたと残念に思います。

太陽光発電投資物件探しは【メガ発】
カンタン登録でお得な情報をGET

25%天引きルール

副収入源を得る事が重要だとわかりますが、例えば株式投資をするためにはその資金が必要ですよね。

サラリーマンをしながら、20代からでも副収入を手に入れるための”自己資金”を作ることは可能です。

25%天引きルール”です。毎月の給料の25%を強制的に積み立て貯金していきます。

仮に30万円の手取りとしましょう。

“25%天引きルール”を適応し、7.5万円を給与日に毎月積み立てます。

これだけで、年間90万円資金がたまります。ボーナスも同様に積み立てると、年間で150万円ほどにはなるのではないでしょうか?

この準備資金を元に株式投資やFXや仮想通貨やETFなどで副収入作りに着手します。

どの投資先が良いかですが、残念ながら各自向き不向きがあります。まずはやってみて、自分の性格に合うかどうかで判断ください。トライアンドエラーで自分にあった投資方法を見つけて下さい。

失敗は成功への道程にすぎません。

そしてこの資金で最終目的である“不労所得を手に入れる”ステップを踏むことで、20代で早期退職が確実に手に入ります。

自己資金なしの投資は私はお勧めしません。

知識習得のためのセミナーですが、私も参加した無料セミナーを開催している太陽光発電販売会社を紹介します。

 

不労所得の手法は下記の記事でも紹介しています。 

fukusunosaifu.hatenablog.com


|転職して早期退職?

今の会社で働きながら、“不労所得を手にする”方法をお話ししました。

2つ目ですが、私が早期退職を可能にした方法は“転職”です。

単に会社を移るのではありません。転職先を見極める必要があります。

具体的にはその会社の「持ち株」の購入や「ストックオプション」を手に入れなければなりません。

つまり、「持ち株」の購入や「ストックオプション」のある会社に就職するのです。

それがサラリーマンをしながら、株式投資やFX、仮想通貨などをしなくとも早期退職できる近道です。

(もちろん2つの方法を併用した方がもっと良いです)

上場している大会社へ就職が人気です、当然安定しているからです。

私が20代で転職した現在の会社は、当時未上場でした。

その会社は5,6年前に上場しています。

上場予定の会社は、多くが上場前に「持ち株制度」や「ストックオプション」を実施します。社員のメリットを活用します。

私の会社も上場前に、非常に格安で自社株を購入できる「持株会」が発足しました。

(株価は幹事証券会社が適切に査定した金額です。念のため)

20代優先の転職サイトです。活用ください。

20代の初めての転職は、「20代の転職相談所」でまずは相談  

 

 

持ち株制度で所有していた株は株式上場により、株価は購入時点の数倍~数十倍になる可能性が非常に高いです。

(そうならないリスクもありますが、上場する基準をクリアしているので、高い確率で上場後は株価が上昇します)

私は、自社株の「持ち株制度」を使い、約4年間、自社株を制限一杯まで購入していました。 持ち株の購入額が手取り収入の4割近くになった事もあります。

当然、自社株を購入している期間は手元にお金も残りませんし、我慢する事も多かったです。

現在の会社は無事上場しています。

数年がたち株価が4倍ほどとなった時点で、欲を出さずほぼ全てを手放し現金化しました。

当然ですが、上場前に倒産していたら全て紙切れになるわけで、それなりのリスクの覚悟も必要です

 

「持株制度」にはもう一つ美味しい事があります。

購入した株に5~10%の報奨金が会社から付与されます。

年間100万円の株を購入すれば、10万円がもらえる事になり、これもそのまま自社株の購入に充てられるので、これも大きなメリットにあります。

「持ち株制度」を活用して、お金持ちとなり“数千万~1億円”は作れるかと思います。

この資金を不労所得を生み出すために投資すれば、早期退職は可能になります。

 

ここで一言!

1億円では生活できません。

現在25歳とします。年間の生活費を400万円(税金なども考慮)としたら、25年でなくなります。50歳で1億円はなくなります。

以外に1億円って小さい額なんです。

未上場上場の大手会社

フリマアプリの「メルカリ」が2018年6月に上場しました。

今年12月には「ソフトバンク」が上場しました。

これから「ソフトバンク」に入社しても、持ち株制度の恩恵を受けられる可能性は低いので、別を探してみましょう。

たぶん、年末には「ソフトバンク」の社員の中に億り人が出たことでしょう。年明けには早期退職される方もいたはずです。うらやましいですよね。

ところで、未上場の大手会社はないと思われるかもしれませんが、ネットで調べただけでも以下があります。

・サントリー

・竹中工務店

・YKK

・佐川急便

・大創産業(ダイソー)

・ロッテ

・小学館

・USJ

・エースコック

・ヤンマー

特に大手の未上場会社である必要はありません。

ベンチャー企業の方が、上場時の株価の変化は大きいようです。

数年内に上場しそうな会社、できれば自分の今のスキルを活かす会社に入社できればよいですね。

ネットや証券会社を活用すると、上場予定の会社情報は手に入ります。

ロッテは、社長交代にともない上場を予定していると報道さています。

また、「持ち株制度」に入れるのであれば、工場での清掃担当の社員でも、“自己資金の準備期間”と割り切って入社する事もありなのかもしれません。

|さいごに

・“25%天引きルール”を実施し、最初の資金を準備する事にフォーカス

・未上場会社への転職で、生きがいと共に、早期退職の可能性を探る