【複数の財布】55才のセミリタイア

2019年4月、不労所得(太陽光発電と一棟アパート)を手に入れセミリタイアできました。その他事業(IPO・株式・配当・出資・アフィリエイト等)を展開し、その経験をシェアできるブログになる事を期待しています。

50代の早期退職!心配は生活資金だけ?年金保険料は支払い必須!

 

はじめに

みなさんの周辺も同じかと思いますが、

50代となり、同僚や友人が関連会社に出向したり転職をしたりで、1人また1人と消えていきます。

会社のために献身的に働いても、今以上に自分の処遇は良くならない状況が、50代になるとリアルに感じられますね。

サラリーマンは例外を除き「敗者復活戦」はありません。

でも、

人生の「敗者復活戦」は誰にでも用意されています。

だったら自分の人生を変える選択をしたらいかがでしょう?

 

2019年、4月、無事セミリタイアできました

 

早期退職する場合、生活費だけでなく年金保険料の支払いも考えておく必要があります。

ゼミリタイアして、先日、本年度の年金保険料と健康保険料を支払いました。

見積もり通り約80万円、やっぱり高額です。

 

50代で早期退職(セミリタイア)をするために準備すべきことやお金(生活資金)について、お伝えしたいと思います。

f:id:fukusunosaifu:20181118065921p:plain

 

【もくじ】

|準備しておくことは?

50代で早期退職(セミリタイア)する場合、事前に準備したり、必要なお金(資金)を見積もっておく必要があります。

【入ってくるお金】

・貯金(株、仮想通貨なども)

・退職金

【出ていくお金】

・ローン(自宅、自動車、教育)

・生活費(人生100歳)

・教育費(その他介護保険料など)

【入ってくるお金】関しては、まずは貯金額です。

自分の預金通帳の残高を確認することが、最初の作業です。

私はエクセルで、各口座の残高を把握するようにしています。

保険についても一部積立部分があったりしますので、確認が必要です。

高すぎる保険の場合、保険の見直しもしておくべきかもしれません。

無料で相談できるサイトがありますので、必要な方は活用ください。

何回相談しても無料!【保険見直しラボで保険相談】

 

税金対策の話です

最近、お礼の品を寄付金の30%以内にすべきとかで世間を騒がせている

”ふるさと納税”は住民税を減額するには有用です。

毎年、限度額いっぱいを使って、各地の名品をおいしくいただきつつ、住民税や所得税減税の恩恵を受けています。

最近、テレビコマーシャルもしている「ふるさと納税」のサイトを紹介します。

是非、”税金対策”とあわせて”地方の支援”として活用してください。

 

”さとふる”では、これまでのご自身の寄付金の履歴が表示され、総額を簡単に把握できます。

 

高級和牛が貰える!ふるさと納税

www.fukusunosaifu.com

 

|お金(資金)について

平均金額ですが、最低夫婦で毎月必要な費用は約20万円と言われています。

現在の毎月の支出を把握し、必要なお金がこれ以上になる場合、さらに準備すべきお金(資金)はふえます。

おおざっぱですが、月20万円で生活する場合の必要なお金は、

・50歳で8,000万円

・40歳で1億円

・30歳で1億3,000万円

となります。

50才で早期退職をするなら、8,000万円は必要ということですね。

 

資金となるお金の大きなウエイトを占めるのは、やはり退職金です。

会社によっては、40代以上の早期退職者に対し、毎月の給料(基準部分)の2年分が“優遇制度”として支払いがあります。

しっかり調べておかないと、準備すべきお金が足りない事になりかねませんので、注意しましょう。

 

退職金にかかる税金が心配な方には、計算方法を下記の記事で紹介しています。

fukusunosaifu.hatenablog.com

 

|保険・年金

 早期退職してびっくりするのは「国民年金保険料」と「健康保険料」の金額の大きさのようです。

「国民年金保険料」は現在1.6万円/人です。夫婦であれば、年間約40万円必要です。

「健康保険料」は前年の収入より計算されるので、早期退職した場合、特に収入の高かった人は、びっくりするような金額を毎月支払うことになります。

そのため、「任意継続」を選択します。

そうする事で支払いの上限が設定されているため、2年間は最大で年間40万円です。

つまり、保険料2つで年間80万円は必要という事になります。

 

記事で紹介していますので、必要な方はチェックしてください。

fukusunosaifu.hatenablog.com

 

|通信費用

家族の携帯は全て格安スマホにしました。

2年契約の縛りはありますが、通信費用を考えると断然格安スマホに変えるべきです

時々使用料をみますが、自宅ではWiFiを使っているため、2ギガも使用していません。

3名合わせて月々に約1.2万円くらいですみます。

格安スマホの欠点として、自分で初期設定をしなければならない面倒な部分はありますが、それでも格安スマホは費用の面で魅力的です。

格安SIMをお求めなら「U-MOBILE」  

 

|再就職

50歳を超えると、現在の給与条件の仕事はほぼ皆無です。

私は再就職するつもりはありません。

早期退職をするために、お金に困らないように、私は40代のころから副収入”や“不労所得”作りに励んできました。

 

|不労所得を手に入れる

50代からでも、早期退職のための不労所得を得ることは可能

25%天引きルール”を応用して、資金を作ります。

私は、最大”40%天引きルール”を経験しました。

お金は最初からないと割り切れば、何とかなるものです。

そして“不労所得”を得ることで、50歳の早期退職(セミリタイア)が確実に手に入ります。

 

現在、”不労所得”として太陽光発電数基を所有しています。

業界最大手のタイナビで36円物件も紹介いただけます。

《早い者勝ち》太陽光発電物件
土地付き太陽光発電の投資物件検索サイト
ココでしか手に入らない物件多数掲載中!

 

|まとめ

・50代の早期退職のために、まずは現在のお金(資金)を把握する

・自分の年齢と必要資金から不足しているお金(資金)を確認する

・副収入や不労所得により、早期退職に十分な資金を確保する

 

「定年前」から先の収入を考えるためのセミナーです。

ファイナンシャルアカデミーの「定年後設計スクール体験学習会」

  


不労所得ランキング