【複数の財布】55才のセミリタイア

2019年4月、ようやくセミリタイアしました。様々な事業(一棟アパート・太陽光発電・IPO・株式投資等)を展開し、その経験をシェアできるブログになる事を期待しています。

普通のサラリーマンがお金持ちになれた方法!3つのステップとその仕事

|はじめに

この記事を見られている人は、ほとんどの方がサラリーマンをやめて自由がほしいとお考えの方だと思います。

私自身、サラリーマンとなり25年以上がたちました。

定年を待たず、今年セミリタイアします。

35歳の頃、

10年内にサラリーマンを卒業する

と決めて、すでに20年近くかかって

しまいました。

これまでは株で成功する事を夢見て投資してきましたが、

時間を無駄にし、自己資金が減り、徒労に終わっただけでした。

先人の成功者の情報をもっと早く真剣に取り入れるべきだったと今になって痛感しています。

それでも、普通のサラリーマンより5年以上は早く経済的自由を手に入れる事になり、いつでもラットレースから降りる事は可能となったので、それなりに良かったのではないかと思います。

この記事の内容を理解できれば、サラリーマンをしながら5~6年でセミリタイアが可能だと確信しています。

 

サラリーマンをやめたくても、家族の事や住宅ローンや教育費を考えると、

いやでも今の仕事を我慢するしかないとあきらめている方もいるでしょう。

でも、

・現在サラリーマンをしている人

・これから社会人として世の中へ出て働く人

どなたでもお金持ちになれる方法についてお話しします。

株式・配当金。FX・不動産・起業を今すぐ始めなさいといった事は必要ありません。

 

サラリーマンがお金持ちになるためには順序があると考えています。

また、サラリーマンである事を利用して、一番大事な資金の準備に重点を当てることで、その後のプロセスは加速的に進展していきます。

【記事の内容】

 

|金持ちは世の中にどれくらいいるの?

世の中の金持ちとはどれくらいいると思いますか?

 

f:id:fukusunosaifu:20180522052143p:plain

1億円以上の資産を持つ人は、121万世帯となり、50世帯に1軒の割合です。

近所に1億以上の資産も持っている人があちこちにいることになります。

お金持ちはもう珍しくなくなっています。

あなたも、1億円以上の資産をつくれる可能性があるということです。

サラリーマンでも「富裕層」になる事は困難ではありません。

正しい努力が伴えば。

興味のある方は、臼井 宥文氏の”3年で富裕層になる”をしっかり読んで、その意味を十分に理解してください。お金持ちになるためには非常に大事なプロセスが記載されています。

 

さて、サラリーマンが金持ちになるための方法について、お話しします。 

お金持ちへの3つのステップ

サラリーマンがお金持ちになる仕組みです。

  1. 自己資金を準備
  2. レバレッジの活用
  3. 不労所得を作り出す

1.自己資金の準備

ここが一番重要です。

まず、今の会社を辞めます。

えっ!て聞こえそうですが、私はそうしました。

転職です。そしてその会社の「持ち株」の購入や「ストックオプション」を手に入れてください。

つまり、「持ち株」の購入や「ストックオプション」のある会社に就職するのです。

上場している大会社へ就職しても、このご時世、給与が右肩上がりする保証はなく、

また上場しているから倒産しないとは言い切れなくなりました。

 

20年以上前、転職で現在の大手の会社に入社しました。

2社から面接の話がありましたが、先に日程の決まったのは現在の会社です。

一方の会社(一部上場会社)に入社していていたら、これからもたぶん、サラリーマンを続ける事になっていたでしょう。

現在の会社は5,6年前に上場しました。上場前に、非常に格安で自社株を購入できる「持株会」が発足しました。

上場する会社は、その前に「持ち株制度」や「ストックオプション」を実施します。

社員のメリットですね。

上場すれば、数倍とか数十倍になる可能性が非常に高いです。

(そうならないリスクもありますが、上場する基準をクリアしているので、高い確率で上場後は株価が上昇します)

私は、自社株の「持ち株制度」を使い、約4年間、自社株を制限一杯まで購入していました。 手取り収入の4割近くになった事もあります。

無事上場し、数年がたち株価が4倍ほどになりました。

この時点で、欲を出さずほぼ全てを手放しました。

当然、自社株を購入している期間は手元にお金も残りませんし、我慢する事も多かったです。 上場前に倒産していたら、全て紙切れになるので、それなりのリスクは覚悟も必要でした。

「持株制度」のメリットですが、購入した株に5~10%の報奨金が付与されます。

年間100万円の株を購入すれば、10万円がもらえる事になり、これもそのまま自社株の購入に充てられるので、非常に大きなメリットがあります。

 

2.レバレッジの活用

持ち株会の資金を不動産購入の資金にあてました。

具体的には、“一棟アパート”と“太陽光発電”の購入です。 

資金の一部は収入源を増やすために、配当金・株式投資等にも投入しています。

“レバレッジの活用“、“不労所得を作り出す“については、私のブログで紹介していますので、よかったら拝見ください。 

未上場の会社

今年、フリマアプリの「メルカリ」が2018年6月に上場しました。

12月に「ソフトバンク」も上場します。

「ソフトバンク」は親会社は上場済みですが、携帯会社はこれからです。

 

非上場の大手会社はないと思われるかもしれませんが、少しネットで調べただけでも以下があります。

・サントリー

・竹中工務店

・YKK

・佐川急便

・大創産業(ダイソー)

・ロッテ

・小学館

・USJ

 

どうですか?

特に大手の未上場会社である必要はありませんが、数年内に上場しそうな会社で、できれば、自分の今のスキルを活かす会社に入社できればよいですね。

まず、転職サイトに登録する。

上場する予定があるかについては、ネット等で調査できます。

登録した転職サイトに逆指名で、A社、B社からの求人があれば教えてほしいと、連絡していてもよいですね?

チャンスは目の前にあります。

あとはあなたが行動を起こすだけです。

 

3年で富裕層になる!―4000人の新世代リッチと会ってわかった方法

この本を読むと、一流大学へ入り、上場会社へ入り、安泰したサラリーマン生活を送る事より、もっと短期間でお金持ちになる方法がある事に”気づき”を与えてくれます。

お金持ちになりたい方は、是非読んでみてください。

まずは、考え方をお金持ちの“思考”に変える必要があります。 

【記事紹介】お金持ちになる手法です。

www.fukusunosaifu.com

 

良かったら、ポティット応援お願いします


人気ブログランキング