【複数の財布】55才のセミリタイア

2019年4月、ようやくセミリタイアしました。様々な事業(一棟アパート・太陽光発電・IPO・株式投資等)を展開し、その経験をシェアできるブログになる事を期待しています。

不動産投資で毎月30万円! 安定収入確保でリタイアできませんか?

不動産投資を始めて、毎月決まった家賃収入が銀行口座に振り込まれる

ギューギューの満員電車から解放され、懐かしい映画のBGMを聞きながらコーヒー片手に、遠くのキラキラ輝いている帆船を眺めている自分がいる。

 f:id:fukusunosaifu:20180504104557p:plain

そんな事は絵空事だと思いますか?実現できると信じています。

「熱意をもって明確に信じたものは、現実になる」ナポレオン・ヒル

 

現在、不動産投資(新築アパート一棟・低圧太陽光発電1基(来月2基目稼働))、株、配当金、銀行への出資等の不労所得を所有しています。

自分の思い描く生活を実現するために、一歩ずつ進めています。

 以下の事を記事にしています。 

  月30万円の収入を得られる物件とは

不労所得を得る不動産投資の対象は、大きく「戸建て」、「区分マンション」、

「一棟マンション」、「一棟アパート」です。

ここでは「木造一棟アパート」の投資実例を説明します。

・価格5,500万円(1k 6戸) 新築木造スレート2階建て)

・年間賃料389万円(表面利回り7.06%)

・最寄り駅から9分

この物件を自己資金2,000万円で購入した場合のキャッシュフロー(CF)はどうなるでしょうか?

・銀行融資:3,360万円(1.0%)

・銀行返済額:188万円/年

単純に計算すると、389万円-188万円≒200万円ですので、不動産投資の収入は毎月15万円となります。

5,500万円の物件を自己資金2,000万円で購入すると、15万円の収入が残ります。

つまり、上記の手法を2回行えば、毎月30万円の収入を得る事は可能といえます。

 

不動産投資には税金がかかるのです

不動産投資を行えば税金を納める必要があります。その分収入は減ります。

・固定資産税、所得税

上記の物件では約60万円はかかります。

その他にも不動産を自分で管理しない場合「管理費用」等もかかります。

 

本当のキャッシュフローで30万円を作るには?

税金や管理費用を上記の例でみると合計65万円ほどです。

その結果、200万円-70万円≒135万円

つまり年間135万円、毎月では12万円が本当に手元に残るCF(キャッシュフロー)です。

一棟新築アパートを不動産投資した場合の収入は12万円ほどですので、

同じ物件を3棟持てば、毎月30万円の本当にCFを得られる事になります。

 

自己資金なくても不動産投資はできるのでは?

不動産販売会社 は販売が目的ですので、自己資金はなくともフルローンで購入可能とアドバイスされます。その通りです。

シェアハウスの返済問題でメディアが取り上げられているS銀行などを活用すると可能です。そこには破産のリスクがある事を忘れてはいけないと思います。

 

不動産投資は誰でもできますが、自己資金を2割以上は使わないと、毎月の収入がマイナスとなり、何を目的で不動産投資しているか分からなくなります。

間違っても、不動産販売会社 や銀行の利益のために不動産投資をしているわけではないですから。

 

まとめ

不動産投資の進め方については、

セミナー等で勉強しながら自己資金をまずは作る

・自分の投資スタイルを決める

(マンション、アパート、太陽光発電、収納BOXレンタル等)

・購入前にシミュレーションを行い20年以上までのシナリオを描く

・不動産投資でうれしい事(還付金が受けられました)

 

先日、国税還付金(30万円)の通知が届き、銀行口座に振り込まれました。

昨年、不動産購入による資金支出が多かったため、確定申告を行いました。

その結果、還付される事になりました。

開業すれば、サラリーマンではありえない“還付金”や“経費扱い”など節税がたくさんあります。

ありがたい事です。