【複数の財布】セミリタイアして一息つきましょう!

2019年セミリタイア。FIRE・早期退職を目指す人たちを応援しつつ、新たな収入源を目指すブログです。

開業

2020年、いよいよ「年収850万円以上」は増税!どれくらい負担増えるの?

2020年になりました。 良い年にしたいですね、 でも残念なことに、 1月から年収850万円超の会社員は増税、個人事業者は減税が始まります。 先にまとめます。 ☆会社員に関する税金の変化 ・基礎控除 38万円 ⇒ 48万円 ・給与所得控除 最大220万円 ⇒ 195万円 ★…

太陽光発電の確定申告は簡単なはず!「申告作成コーナー」活用で税金を取り戻しましょう

1月中旬ですが、国税庁の「確定申告作成コーナー」を使い、2019年度の確定申告の入力を完了しました。 2月15日までにレビューし提出するだけとなります。 確定申告の結果、 サラリーマンとして支払った所得税が約30万円還付される事が決定しました。 【内容…

不動産の減価償却費は良いコスト!購入費用は経費に変化します

はじめに “減価償却費”とはサラリーマンには全く馴染がありません。 ロバートキヨサキ氏の著書では不動産の“減価償却費”を良いコスト(経費)と表現しています。 “減価償却費”をうまく活用する事が不動産事業の成功につながり事は疑う余地はありません。 【…

開業前の車を個人事業に使えば、しっかり「経費」になります!事例で紹介

DAZN放送もはじまりました! はじめに 個人事業を始めるとき、多くの人が開業前に使用していた車をそのまま事業用としても使用されていると思います。 ガソリン代、車検費用、自動車税、自動車保険、自賠責保険など、車の維持管理に関する費用は「経費」にな…

開業前に購入した車の経費計算の方法は?事例で紹介いたします

はじめに ほとんどの方は,個人事業の開業前に購入した車をそのまま、開業後も事業用としても利用されていると思います。 その場合,ガソリン代、車検費用、自動車税、自動車保険、自賠責保険など、車の維持管理に関する費用の負担が大きくなりますね。 開業…

"サラリーマンの副業"が会社にバレない確定申告・20万円ルール

はじめに この記事を見られている方は、サラリーマンを続けながら、これから不動産投資やドロップシッピングなどで副業を始める計画があったり、既に副業をされている方だと思います。 私はサラリーマンをしながら、不動産や再生可能エネルギー、株式等に投…

【起業の手続き】開業届2つの書き方と提出するタイミングはいつか?

はじめに 不動産を購入すると、税務署等に”開業届”をだす必要があります。 でも、何を書くのか、どのタイミングでどこに出せばよいかは誰もおしえてくれません。 税務署に電話するなど自分なりにいろいろ調査し、不動産購入に関する2つの開業届を含め全ての…

開業前に購入した車も『減価償却』対象です、4つのステップで経費にできます!

はじめに ほとんどの方が、個人事業の開業前にプライベートで使用していた車を開業後に仕事用として利用されていると思います。 でも、ガソリン代、車検費用、自動車税、自動車保険、自賠責保険など、車の維持管理に係る費用は大変な負担になります。 その中…

太陽光発電は4つの開業の届け出!事業主となり消費税還付受けられます

DAZN対応、Jリーグも見られます! はじめに 太陽光発電を購入した際の、必要な届出【4つ】について紹介します。 現在の職業は会社員です。 追記: 太陽光発電と不動産投資により、 2019年4月、セミリタイアできました 一昨年、「太陽光発電」を購入し、手続…